期間限定でご当地ラーメン「酒田のふわとろワンタンメン」が登場


幸楽苑から期間限定でご当地ラーメンが登場!第1弾は「酒田のふわとろワンタンメン」

幸楽苑では2020年4月9(木)から、全国各地のご当地ラーメンが楽しめる「幸楽苑のご当地ラーメン」を販売します。

第1弾は、4月9日(木)から7月8日(水)までの期間限定で「酒田のふわとろワンタンメン」が登場。山形県酒田市内のラーメン店主有志でつくる「酒田のラーメンを考える会」が監修し、酒田市長も絶賛した本格的なご当地の味わいが楽しめます。

酒田のラーメンは、煮干しや昆布など魚介の出汁をベースとした醤油スープに、加水率の高いもちもちとした自家製麺が特徴。中でも極薄のワンタンが入った「ワンタンメン」は、地元はもちろん、全国にたくさんのファンがいることで知られています。

幸楽苑が提供する「酒田のふわとろワンタンメン」は、ふわとろ食感がたまらない極薄ワンタンがたっぷり入った1杯。チャーシューには、地元・平田牧場で育った三元豚を使用し、酒田の魅力がたっぷり詰まったらーめんに仕上げました。

ご当地でしか味わえない贅沢な1杯を是非この機会に!

「酒田のふわとろワンタンメン」は税込740円。2020年4月9日(木)〜7月8日(水)の期間、一部を除く全国の幸楽苑で販売。
※期間限定商品につき、商品がなくなり次第販売終了となるため、店舗によって終了時期が異なる場合があります。

関連記事

RAMEN

すぐにらーめんを食べたいときのおうち時間の強い味方が「インスタントらーめん」。そして味変をしたいときに、少しひねったアレンジをするのに便利なのが、ドレッシングです。
ケンコーマヨネーズの調査では、味が飽きてしまったり賞味期限が短かったりという理由から、ドレッシングを使いきれなかったという意見が約6割
大好きならーめんを家で作ってみたけれど「トッピングの具材が足りない…」というシーンは、ちょっとガッカリ。そんなシチュエーションでは、身近な食材をらーめんのトッピングに活用してみるのもおすすめです。
わざわざらーめんトッピング用の具材を買わなくても、家で簡単にらーめん定番トッピングの代用ができる調理術
国民食といっても過言ではないらーめんは、家にいても、無性に食べたくなるときありますよね。せっかくなら、家にいる時間を活用して、手作りらーめんにもチャレンジしてみませんか?
なかなか外出ができないときに、らーめんが食べたくなったら、家で手作りできれば、食の満足度も上がります。そこで今回は、簡単手順で作
自宅で自分好みのらーめんを作ることができたら、おうち時間がさらに充実しますよね。らーめんの「肝」であるスープを作るのは、一見難しそうに思う人も多いのですが、実は、家庭にある調味料でも手作りスープが簡単に作れます。
今回は、市販の出汁類を使って、簡単なのに旨味たっぷりの醤油らーめんレシピをご紹介します