2種の“台湾野菜まぜめん“登場


トッピングやアレンジで味わい方色々!2種の“台湾野菜まぜめん“登場

名古屋発祥、麺類好きの間で話題の「台湾まぜまぜそば」を、たっぷりの野菜といただく2種の麺が幸楽苑から登場! 混ぜ方やトッピングのアレンジで様々な味わい方ができ、程よい辛さで箸が進む、夏にぴったりの辛旨麺です。

「台湾野菜まぜめん(ピリ辛)」は、小松菜やキャベツ、もやしに玉ねぎ、ニンジン、辛味噌ミンチ肉など栄養たっぷりの具材に花椒(ホワジャオ)の香りを効かせたタレに麺を絡めていただくピリ辛な味わいが特徴。

辛いもの好きさんなら、「台湾野菜まぜめん(辛シビ)」に挑戦を!
たっぷり野菜と辛味噌ミンチ肉、花椒(ホワジャオ)の香りに加え、赤マー油と辛味が加わった痺れる辛さが特徴です。

2種とも卵や辛味噌のミンチ肉で、辛さの「味変」が可能。さらに、麺を食べ終えたら「追飯」も。タレにご飯を絡めて楽しむのもおすすめです。

2種の台湾野菜まぜめんはいずれも590円(税抜き)。一部を除き全国の幸楽苑で楽しめます。

関連記事

RAMEN

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!