インスタントらーめんの粉末スープでササッとごちそうレシピ


子供が喜ぶ!インスタントらーめんの粉末スープでササッとごちそうレシピ

「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。
そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。
「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!

そこで今回は、らーめんにまつわるアレンジレシピシリーズの第3弾。忙しいママたちにぜひ役立てて欲しい、子供が喜ぶごちそうレシピをご紹介します。

用意するものは、自宅に常備している人も多いインスタントラーメンの粉末スープの素と冷蔵庫にあるものだけ! なので、ママに代わってパパがチャレンジしたってもちろんOKなんです!

また、これからの季節はお子さんをお持ちのご家庭に限らず、お鍋の機会が増えますよね。〆にインスタントラーメンの麺のみを使用した際に、余分になってしまったスープの素の活用法としてもおすすめ。ぜひご活用ください♪
※写真は全てイメージです。

 

レシピその1「粉末スープdeチャーハン」 

最初にご紹介するのは、みんなの人気者・チャーハン。それぞれの家庭ごとに味付けのこだわりがあり、「お米がパラパラになるかどうか」といった調理法を日々研究している人も多い“おうちごはん”の定番です。粉末スープの素を使えば、いつもよりさらに時短メニューに♪ スープの味は醤油、塩、どれでもお好みでOKです。

【材料(4人分)】
・インスタントらーめん付属の粉末スープ…2袋(野菜が少なめの場合は1袋でも)
・ご飯…お茶碗4杯分程度
・卵…3〜4個
・レタス、ネギなど冷蔵庫の余り野菜…適量
・お好みでハムやウィンナー、ナルトなど…適量

【作り方】
(1) 野菜やハム類などの具材を切る
(2) 熱したフライパンで卵と具材をそれぞれサッと炒め、いったん取り出しておく
(3) フライパンにご飯を入れ、粉末スープの素が絡むように炒める
(4) ご飯がパラパラになってきたら、卵と具材がよく混ざるように再度軽く炒め、皿に盛り付ける

 

レシピその2「粉末スープdeグラタン」

次に紹介するのは、お子さんはもちろん、きっとママも大好きなグラタンです。寒い冬にはお子さんからのリクエスト率がグッと上がるメニューですよね! 粉末スープだけが余っている場合はマカロニを使っても良いし、麺がある場合はなんとインスタント麺をマカロニ代わりに利用してもOK! スープの味は塩らーめんか味噌らーめんがおすすめ。

【材料(4人分)】
・インスタントらーめん付属の粉末スープ…2袋
・マカロニ、またはインスタントラーメンの麺…マカロニの場合は150g、麺の場合は2〜3袋分程度が目安
・牛乳(または無調整豆乳)…3カップ
・水…1.5カップ
・トマト、玉ねぎ、ブロッコリー、人参など冷蔵庫の余り野菜…適量
・ベーコン、鶏肉など冷蔵庫の余り肉類…適量
・ピザ用チーズやスライスチーズなど…適量
・粉チーズ…適量

【作り方】
(1) マカロニ、インスタント麺を表示時間通りに茹でておく。インスタント麺を使う場合はキッチンバサミなどで麺を短く切る
(2) 牛乳、水、粉末スープを中火で煮る
(3) 野菜類や肉類を刻み、熱したフライパンで軽く炒める。野菜はレンジで1分程度温めて温野菜にしてもOK
(4) 耐熱皿に(1)と(3)を入れ、ピザ用チーズを載せ、粉チーズを振りかける
(5) (4)を10〜15分ほどオーブンで焼く

 

レシピその3「粉末スープdeからあげ」

これまたみんなが大好きな鶏のからあげ。食卓に一品あるだけで家族のテンションも大違い! でも、ただでさえ疲れている日の揚げものはしんどいのに、下味の処理がこれまた大変…。そんな時は下味の“お仕事”をスープの素にお任せしちゃいましょう! スープの種類はお好みでOKですが、おすすめは醤油や豚骨味♪

【材料(4人分)】
・インスタントらーめん付属の粉末スープ…2袋
・鶏もも肉…3枚
・小麦粉…大さじ3〜4(片栗粉と1:1の分量になるように)
・片栗粉…大さじ3〜4(小麦粉と1:1の分量になるように)
・揚げもの用油…適量
・(あれば)生姜チューブ、またはニンニクチューブ…小さじ1程度

【作り方】
(6) 鶏肉を食べやすい大きさに切る
(7) ボウル、またはビニール袋などに鶏肉を入れ、粉末スープと生姜チューブなどの調味料を加え、よく揉み込む
(8) 油を加熱する
(9) 鶏肉に小麦粉と片栗粉をまぶし、油で揚げていく
いかがでしたか? 粉末スープはとっても優秀!
下ごしらえいらずで、とっても嬉しい助っ人になってくれます。時間のない日のお料理にぜひお試しくださいね。

 

関連記事

LIFE STYLE

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!
大切なパートナーができたら、ずっと仲良くお付き合いを続けていきたいもの。願い通りに誰もが憧れるような仲良しカップルになる人もいれば、一方で「今度こそはと思ったのに」「いつも同じ理由でフラれる」といった、「なぜかいつも長続きしない」という声もよく耳にします。
果たして、長続きする人とそうでない人その分