お手軽「温活」にはトッピングもカギ


1杯のらーめんが冷えた身体を救う!お手軽「温活」にはトッピングもカギ

今年の冬も、本格的な寒さが身にしみますよね。
寒さによる「冷え」は、女性の大敵です。
最近では、冷えを放置することによる疾病リスクも注目を集めていて、美や健康のために「身体を温めること」の大切さが見直されています。

 

「冷え」は、なんで身体に悪いの?

「身体を冷やすのは、よくない」と言われる理由はたくさんありますが、単純に血行が悪くなり顔色が悪く見えるデメリットや寒さによって身体が動きにくくなるといった話だけでなく、身体の冷えによって“がん”や脳血管の障害、心疾患などにも影響を及ぼすと言われています。
また、古来からある東洋医学では「冷えが病気の原因となる」とも考えられていて、身体を冷やすと、それだけで“万病のもと”になるとされています。
冬はただでさえ、身体が冷えやすい季節。
「このくらいなら我慢しよう」と無理を重ねてしまうと、美容だけでなく、健康面にも悪影響を及ぼしかねないのです。

 

「温かいらーめん」で、全身の冷えを効率よく解消できる!?

気温が低い日のお出かけでは、身体のどこか1箇所に冷えを感じるというよりも、全身が芯から冷えるような寒さを痛感する人も多いですよね。
そんなときには、1杯の温かいらーめんが、全身の冷えを効果的に解消するのに、ひと役買ってくれるはずです。
身体の芯から冷え切っているときには、冷たいものを食べるよりも温かいものを食べたほうが、内側から冷えを解消しやすく、効率的に“温活”できます。
また、寒さが身にしみるときほど、トッピングに「身体を温める」と言われている食材を加えるのもおすすめです。

 

らーめんによる「温活」を、トッピングでも意識しよう!

らーめんと相性のいいトッピングのうち、女性でも取り入れやすい食材で身体を温める効果があるとされているものには「ニンニク」や「生姜」、「豆板醤」や「七味唐辛子」などがあります。
らーめんの熱々スープを飲むだけでも身体は温まりますが、芯からの冷えを感じているときには、トッピングにも意識を向けて、美味しい“温活”を実践してみるのもいいのではないでしょうか。

寒さが身にしみる季節には、できるだけ内側から身体を温める食べ物を口にすると、病気へのリスクを避ける心がけにもつながります。
身体の温まるトッピングにこだわりながら美味しいらーめんを食べて楽しく温活ができれば、寒い冬を健康的に乗り切るコツにもなりますよね。

 

関連記事

LIFE STYLE

おうち時間が増え、普段よりも食事を作る機会が増えたご家庭も多いかと思います。毎日のことだけに、献立に悩むこともありますよね。そんな時に手軽に作れて美味しいらーめんは大活躍!
「外食には行けなくても、お店のようならーめんが食べたい…」と思っているかたいん試してほしい、家で作るらーめんをお店風にするコツ
思い立ったときに、手軽に自宅で、らーめんを楽しめるインスタント麺。その中でも、カップ麺はお湯を注ぐだけで食べられるので、よく利用する方も多いのではないでしょうか? 定番の味以外にも、続々と新商品が出るので、飽きずに楽しめますよね。
そんな身近なカップ麺ですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?
さまざまなフレーバーがある「らーめん」。麺の固さやスープの濃さなどを自在に選べるのも、食べるときの楽しみですよね。それぞれの人にこだわりもあり、好みもわかれるかと思います。
ところで今回は、麺やスープの人気傾向に注目。全国20歳~59歳の男女1000人を対象とした「マルハニチロ調べ」を元に、どんな組