1人らーめんだって全然アリ!“おひとりさま”をもっと楽しもう❤


1人らーめんだって全然アリ!“おひとりさま”をもっと楽しもう❤

世間では“ぼっち飯”なんて言葉もあって、なんだかマイナスのイメージもあるけれど、ここ数年は、女性1人で行動する“おひとりさま”の姿が話題ですよね。

おひとりさまになるきっかけは「まわりの友人の結婚や出産を機に一緒に気兼ねなく遊べる友人が減った」「女の子同士のいざこざにちょっぴり疲れて」「入学や就職を機に気の合う人がみつからなかったから」といったものから「もともと1人が好き」「1度、カフェに行ってみたら自然にできるようになった」などさまざま。

でも、共通しているのは一度“おひとりさま”を経験してみると「全然恥ずかしくない」「むしろ気楽!」という声。最近は学生さんをはじめ、若い女性でも気軽に入れる飲食店も増えているので気軽に“おひとりさま”になる最初の一歩が踏み出しやすいといいます。

ただ「らーめん屋さんとか定食屋さんはアリなの?」「どこまで1人でもOK?」という、“おひとりさま”のある、なしのラインも気になりますよね。
今回は、素敵な“おひとりさま”を目指す女子に向けて、初級編から上級編までをご紹介します!

【初級編】スタートラインは皆同じ!?“1人カフェ”

さて、おひとりさま上手な女子に話しを聞いてみると、大半の人が、「1番最初の“おひとりさま”はひとりカフェだった」と答えが返ってきます。中でも大手のチェーン店のカフェやファストフード店は、まわりにも1人客が多いし、1人席が用意されていることもあるので、デビューにぴったりなのだそう。

1人の時間をどう過ごしているのかというと、参考書を開いて勉強している子やPC、タブレットで仕事をしている女性の姿をよく見かけます。音楽をかけながら、ゆっくり読書をしている姿も素敵です。

1人でこうしたお店にいけるようになったら、次は食事にチャレンジ。ファミレスや、以前友人と行ってみて雰囲気のわかっているオシャレなカフェ、レストランなどでランチ、といった風にステップアップしてみましょう。

【中級編】ターニングポイントはココ“1人らーめん”

さて、初級編は「これならできる」という子や、すでに経験済みの人も多いかもしれません。

“おひとりさま”上手になるターニングポイントは実はここから。初級編の「1人で外食」の範囲を広げられるかどうかにかかってきます。

ファミレスやカフェで食事はできても、らーめん屋さんや牛丼店などは、男性の1人客はよく見かけても「女性1人では入りにくい」と思われがち。一見行きづらそうなこうしたお店ですが、食券などを事前に購入してササっと食事できるお店なら、周りの人も同様に忙しい中で食事をしているので、ジロジロ見られる、なんていうことはまずありません。

出張先や営業回りなどの移動の合間、就職活動中、部活動で遅くなってしまった日の塾までの時間、などなど。時間はあまりないけれど、自分の食べたいものを我慢したくない! という時はぜひ臆せずチャレンジを!

それでも男性側の意見や目線もちょっぴり気になるもの。でも多くが「全く気にならない」「女子数人でつるんでらーめんを食べている姿より、むしろかっこいい」との声。
変な目で見られるどころか、自立した素敵な女性に見えることもあるくらいなので、安心してチャレンジしてOKですよ!

【上級編】1人カラオケに1人旅! できることは無限大

ここからは上級編。自分の好きなことをどんどん「1人で」行動できるようにしていきましょう。

例えば1人カラオケ。友人の前だと「大好きだけどマイナーな曲は歌えない」「音を外すのが怖くていつも決まった曲ばかり」というストレスなく、好きな歌だけをどれだけ歌ってもOK! 練習用に行くのもアリです。1人カラオケ専門店もありますが、最近では、1人カラオケは決して珍しくないので、いつものお店でも大丈夫! ストレス発散にもなりますね。

カラオケ意外にも、写真好きならカメラを持って観光地に行ってみたり、好きなアーティストのライブ、好きなスポーツの試合に行ってみたり…などなど。趣味の世界を1人で楽しめるようになるのも素敵。まわりに同じ趣味の子がいなくても、最近はSNSも盛んなので、あえて1人行動を発信することで、現地で同じ感性の友人に出会えたりすることも。

そして未成年の子はぜひ成人したらチャレンジ! 成人しているなら「1人居酒屋」「1人バー」もゆくゆくゆくはぜひ。飲食店レビューを掲載しているグルメサイトなどでは、女性1人でも入りやすい店として紹介しているお店もあるので、思い立ったら調べて立ち寄ってみて。気兼ねなく好きなお酒を飲みながら、時々マスターと会話を楽しむ姿は大人の女性そのもの!

さらに余裕ができれば「1人旅」も! 1人で行動する習慣が身につけば、現地のことをしっかり調べて治安の良い場所を選ぶことで、海外旅行を楽しむ女子だってたくさんいます。好きな時間に好きなところへ行けて、好きなものを食べられる1人旅は自分だけの特別な時間。きっとあなたを成長させてくれます。

 
初級から上級まで、いずれも大切なのは「堂々と振る舞うこと」。恥ずかしいと思いながら行動していると、「残念女子」に映ってしまいます。凛としていれば“カッコいいな”と思われることはあっても、まわりの人たちは自分が思うほど、そもそも他人にそこまで注目していません。ぜひ“おひとりさま”上手になって、ライフスタイルを一段と充実させてくださいね❤

関連記事

LIFE STYLE

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!