野外でも可愛さキープ❤ 夏のグルメイベント・らーめんフェス参戦必需品リスト


野外でも可愛さキープ❤ 夏のグルメイベント・らーめんフェス参戦必需品リスト

いよいよ夏本番! 音楽フェスや花火大会などのイベント情報が出揃いはじめ、お出かけの予定を立てるのが楽しくなる時期ですね!

さて、老若男女を問わず人気の野外イベントのひとつが、各地の“美味しいもの”を集めた“グルメフェス”です。中でも“らーめん”や“らーめん女子”に特化したフェスは、ここ数年でじわじわ開催数や開催場所が増えていて、大注目のイベントなんです!

でも「炎天下で熱々のらーめんを食べるのは…」と暑さやメイク崩れなどが心配でちょっぴり躊躇してしまう方も多いのでは? そこで今回は、グルメイベントやらーめんフェスへのお出かけ時に欠かせない必携アイテムをご紹介! しっかり対策をして、女の子らしさをキープしつつ、お腹いっぱいになるまでイベントを楽しみましょう。

【その1】手持ちサイズの扇風機をゲットしておこう

クーラーの効かない野外で過ごすとなると、真夏に1番心配になるのがやっぱり暑さ。飲み物や制汗剤などの暑さ対策アイテムを、お出かけのたびに持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。野外イベントの持ち物に追加するなら、「ハンディタイプの扇風機」がおすすめ。行列に並んでいる最中や、食事の合間にさっと涼風をあてるだけで、一気に暑さを吹き飛ばすことができます。

最近では、豊富なカラーバリエーションやUSBで充電できるタイプ、首からぶら下げられるようになっているもの、凝ったデザインなど、さまざまなミニ扇風機が売られています。一つ持っておくと、普段使いもできて何かと便利そう。ぜひお気に入りを探してみて。

【その2】ベビーパウダーで“ギトギト問題”を解決

汗をたっぷりかく日に、多くの人が避けられないお悩みが“前髪ギトギト問題“。
灼熱の太陽と熱々のらーめん。らーめんフェスで汗をかくのはある程度覚悟しつつも、ぺったりした前髪のまま1日を過ごすのは、鏡を見るたびテンションダウンしてしまいそう。

そんな時の強い味方が“ベビーパウダー”。そう。ドラッグストアで気軽に購入できるアレです。使い方は簡単。少量を手にとって前髪になじませるだけ。一瞬でお風呂あがり級のさらさら感を取り戻せちゃうはず。

【その3】色の濃いトップスで“汚れ”を気にしない!

思う存分らーめんを楽しむなら、スープや麺は豪快にすすって味わいたいもの。洋服にスープがはねてしまっても、汚れを気にせず過ごせるよう、ここはあらかじめ黒っぽい服を着てお出かけするのがベターです。

野外イベントの椅子やテーブルは、通常のお店に設置されているものよりも簡易に作られているものが多く、不安定です。混雑時などは、そもそもテーブルや椅子自体使えない場合もあり、気をつけていてもこぼしてしまう、といったミスはつきもの。外出用のウェットティッシュなども持参するとさらに良いですね。

【その4】スープのシミの緊急処置に!食器用洗剤

うっかり食べこぼしで、シミを作ってしまった時の緊急用のシミ抜きには、普段使いの台所用の液体中性洗剤がお役立ち! 食器洗い用洗剤には、油汚れや色素を分解する成分が含まれいるため、ソースやマヨネーズ、ドレッシングなどの油分が高いものや、カレーなどの色の濃いもの、そしてらーめんスープがはねてついてしまったシミなどを落とすことができます。

使い方は、少量の洗剤を歯ブラシなどに取り、シミ部分にあてて軽く叩くだけ。生地が傷むので強くこするのはNG。水かぬるま湯ですすぎます。洗剤が残ったままだと変色の原因になるので、しっかりすすぎましょう。

また、台所用中性洗剤は、もともとお洋服を洗うことを目的として作られているものではないため、水洗い不可の製品やデリケート素材のお洋服に使用するのは難しい場合も。使用範囲には限りがあります。

最初にお伝えした通り、台所用中性洗剤を使用するのはあくまで緊急用。後でクリーニングに出すなど、大事なお洋服のケアはプロの力を借りるのがおすすめです。

いかがでしたか? らーめんフェスを存分に楽しむための4つのお助けアイテム。らーめんフェスはもちろん、グルメイベントや屋外での食事などでも活躍してくれること間違いなしです。お出かけの際は、準備と対策を万全に。より素敵な夏の思い出を!

関連記事

LIFE STYLE

幸楽苑は今年で創業64周年!「創業祭」と銘打ったキャンペーンを開催します。
応募規約など詳細はこちらからhttps://www.sougyosai-kourakuen.com/#kiyaku
9月15日から24日までの期間、「創業当時の味を今に伝えるあっさり、さっぱりの昔ながらの中華そば」が「中華そ