インスタントらーめんの「シメ」を楽しむアレンジ3選


残ったスープが大変身⁉︎インスタントらーめんの「シメ」を楽しむアレンジ3選

インスタントらーめんのこだわりがぎゅっと詰まったスープは、できれば最後まで堪能したいですよね。けれど、同じ味が続くと飽きてしまって買ったまま手が伸びなくなるのも“あるある”かもしれません。
そこで今回は、インスタントらーめんを最後まで美味しく食べるアレンジ法3選ご紹介します。

らーめんのスープアレンジ方法とレシピ3選

1:ご飯を入れる
定番かもしれませんが、スープとご飯の組み合わせは最強コンビ! ご飯が旨味を凝縮したスープを吸って、最後まで美味しく食べることができますよね。
そのままご飯を浸して食べても美味しいのですが、「チーズリゾット風」に仕上がるレシピは、ちょっと手間をかけた雰囲気になり、満足度も高いですよ。
<材料>
・らーめんの残ったスープ
・ご飯 茶碗1杯程度
・とろけるチーズ 25g
・粗挽き胡椒 お好みで
<作り方>
1、耐熱容器にらーめんのスープとご飯を入れて混ぜ合わせます。
2、チーズをのせてラップをかけずに電子レンジ500Wで約3分加熱します。チーズの溶け具合を見ながら調整してください。
3、お好みで粗挽き胡椒をかけて完成です。

2:別の種類の麺を入れる
麺の種類を変えるだけでも、味わいを変えて楽しむことができます。今回紹介する「カルボナーラ風」の麺はパスタを使用。カルボナーラはさまざまな材料を使用して作りますが、残ったらーめんのスープがあれば材料を節約してつくれます。また、らーめんの麺から溶け出た小麦粉がとろみを演出してくれますよ。
<材料>
・らーめんの残ったスープ
・牛乳  200cc
・パスタ 100g
・卵黄 1個
・粉チーズ 適量
・粗挽き胡椒 適量
<作り方>
1、鍋にらーめんのスープと牛乳を入れて煮立たせます。ここでスープの量が多そうな場合は調整してください。
2、煮立ったところにパスタを入れ、水っぽさが少なくなるまで茹でます。
3、お皿に盛り付け、卵黄をのせます。粉チーズと粗挽き胡椒はお好みでかければ完成です。

3:茶碗蒸しにする
茶碗蒸しは一般的に出汁と卵で作りますが、出汁の代わりにスープを使うことで、いつもと違った味わいの茶碗蒸しが楽しめます。スープに味が付いているので細かな味付けの必要もなく、わざわざ蒸し器を用意する必要もありません。スープを残しておいてお好みで具材を入れ、おかずのもう一品としても活用できそうです。
<材料>
・らーめんの残ったスープ
・卵 1個
<作り方>
1、卵をしっかりと混ぜます。
2、卵とらーめんのスープを混ぜます。スープの量が多そうな場合は調整してください。
3、耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、電子レンジ500Wで約3分温めれば完成です。固さは少しずつ加熱し調整してください。

いつものインスタントらーめんも、アレンジを加えると新たな味の発見を楽しめます。ぜひみなさんも、お気に入りの味を見つけてみてくださいね。

関連記事

LIFE STYLE

おうち時間が増え、普段よりも食事を作る機会が増えたご家庭も多いかと思います。毎日のことだけに、献立に悩むこともありますよね。そんな時に手軽に作れて美味しいらーめんは大活躍!
「外食には行けなくても、お店のようならーめんが食べたい…」と思っているかたいん試してほしい、家で作るらーめんをお店風にするコツ
思い立ったときに、手軽に自宅で、らーめんを楽しめるインスタント麺。その中でも、カップ麺はお湯を注ぐだけで食べられるので、よく利用する方も多いのではないでしょうか? 定番の味以外にも、続々と新商品が出るので、飽きずに楽しめますよね。
そんな身近なカップ麺ですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?
さまざまなフレーバーがある「らーめん」。麺の固さやスープの濃さなどを自在に選べるのも、食べるときの楽しみですよね。それぞれの人にこだわりもあり、好みもわかれるかと思います。
ところで今回は、麺やスープの人気傾向に注目。全国20歳~59歳の男女1000人を対象とした「マルハニチロ調べ」を元に、どんな組