急ならーめんデートのお誘いにも即対応!崩れにくいメイクのコツ


急ならーめんデートのお誘いにも即対応! 崩れにくいメイクのコツ

冬が終わり、季節は春爛漫! 地域によってはすでに初夏の心地よい風が吹く良い季節になりましたね! 過ごしやすい季節になり、ランチやお出かけも足取り軽やか。レジャーの機会も増えますよね。そんな時、気になる彼から「きょう、らーめん食べに行かない?」とのお誘い。

食事のお誘いはとってもうれしいし、らーめんも食べたいけれど、今の季節から夏にかけては汗や皮脂でのメイク崩れが最も気になる季節でもあります。戸惑ってしまって大切なチャンスを逃してしまう前に是非必読! 今回はこれからの時期にぴったり、急ならーめんデートのお誘いにも即対応できる崩れにくいメイクのコツを伝授します❤

まずは基本から!朝のベースメイクを見直す

1番大切なのは、基本のベースメイクを普段から崩れにくくしておくこと。朝の時点では大満足の仕上がりだったのに、昼過ぎには鏡を見てびっくり!いつの間にかヨレたり粉を吹いていたり、くっきりはげでしまっていたり。そんな経験ありませんか?

メイク崩れの主な原因は汗や皮脂、夏場なら紫外線による乾燥などなど。特に1度汗や皮脂でドロドロになってしまったメイクは、単に重ね塗りしてメイク直しをしようとするとかえって汚くみえてしまい逆効果。毎朝のメイクをするスタート時点での“勝負”が大切なんです。

汗で流れてしまうことを心配してどうしても厚塗りしてしまいたくなりますが、これもNG。厚塗りをしてもその部分は肌に馴染まず、結果的に、より崩れやすくなってしまうことも。

また、ファンデーションは、パウダータイプの方がサラサラして良さそうに思う人も多いと思いますが、リキッドタイプやクリームタイプをセレクトして。肌にしっかり密着してくれます。手のひらでなじませてから丁寧に叩きこんでください。

メイクを1日キープさせたいなら、朝のベースづくりの時点でしっかり仕上げにフェイスパウダーをはたいておくのがおすすめ。時間が経つと皮脂や汗と馴染み、大崩れを予防してくれるんです!

ポイントメイクも朝イチでキープ力を高めておく!

ベースの肌が出来上がったら、ポイントメイクも事前に崩れにくくしてきましょう。特に、アイメイクは落ちたマスカラやアイライナーで“パンダ目”になってしまったりと、夏場は何かと気になる箇所。こちらもベースが重要。下地からフェイスパウダーまで、しっかり目のキワまで行き渡るようにしておきましょう。

シャドウはパウダータイプの場合、こちらもクリームタイプがおすすめ。ブラシやチップを使うよりも、指で優しくまぶたに乗せてあげると密着度も持ちもアップ! アイライナーもリキッドやジェルタイプなど皮膚に馴染みやすいものをセレクトするのがおすすめです。

また、アイメイクの仕上げには欠かせないのがトップコート。きっちり作った眉毛やまつ毛はアイブロウ、マスカラとそれぞれ専用のトップコートを塗ってキープしましょう。

それでも崩れた時はパウダールームでササっとお直し!

ここまで頑張って崩れ防止対策をしても、それでもやっぱり夕方には崩れが気になってしまうもの。でもそれはあなたが1日仕事を頑張ったり、レジャーを存分に楽しんだ証。ベースをきちんと作っておけば、持ち物少なめでもお手軽なメイク直しでサッと元どおりに近い状態にできちゃいます!

ベース直しなら、まずはティッシュで余分な皮脂をティッシュでおさえてしっかりオフ。こすらず、軽くおさえて皮脂を取り除くのがポイントです。ミストがあれば一拭きして、もう一度ティッシュで過剰な水分をオフ。フェイスパウダーを乗せたら、あっという間に美肌風に。

アイメイクは綿棒を化粧ポーチに忍ばせておくと何かと便利! 綿棒にワセリンなどをのせて、ヨレたりにじんだ部分をオフ。パフの角を使って、オフした部分にファンデーションをのせると、元どおりです。

いかがでしたか? これでらーめんデートもきっと怖いものなし! 夏場でも思う存分らーめんライフを楽しんじゃいましょ❤

関連記事

LIFE STYLE

ハードモードだった日やイライラした時、なんとなーく疲れが取れない日々が続いた時など、ダイエット中や夜中なのにも関わらず「無性にアレ食べたい!」という気分になる時ってありませんか?
“おひとりさま”のある、なしのラインも気になりますよね。今回は、素敵な“おひとりさま”を目指す女子に向けて、初級編から上級編までをご紹介します!
らーめんのカロリーを知り、カロリーを摂りすぎたなら適切な運動で消費しちゃいましょう。
食欲をそそるらーめんの香りに瞳を輝かせる彼の横で、女子の心によぎるのは小さな不安……。そう、らーめんって意外ときれいに食べるのが難しい!