女の子だって本当はらーめん大好き!らーめんデートを楽しむコツ3選


女の子だって本当はらーめん大好き! らーめんデートを楽しむコツ3選

待ちに待ったデートの日。食事する店を決めていない時やお腹が空いている時、はたまた次のデートコースに行くまでの時間があまりない時、男性にとって気軽に入れるらーめん店はとっても便利でありがたい存在ですよね!

でも彼女をらーめんに誘うと反応はいまいち…。「らーめんはデートにNGとよく聞くし、女性はそもそもらーめんがあまり好きじゃないのかも」と思い込んでいませんか? 本当は一緒にらーめんデートを楽しみたいのに、なんとなく避けているなら、それはちょっともったいないかも。

実は多くの女性はらーめん自体が嫌いなわけじゃないんです! むしろ「大好き」「1人の時や友人とならしょっちゅう行く」という人は少なくありません。

そんな「らーめん女子」たちがデートの時にはらーめんを避けたくなってしまうのにはちゃんと理由があるんです。

そこで今回はリアルな女性の声をお届け。男性必見!女性は納得! らーめんデートを楽しむコツを伝授します。

初デートはさすがにNG! 次からは服装を見て判断

記念すべき初デートの食事は、さすがにらーめんは避けておくのがベター。ゆっくりお話できそうな店を選び、さらに余裕があるなら事前予約しておくのがおすすめ。もちろん、「食べたいものはある?」と聞いて彼女が「なんでも良いよ❤」と言った場合であっても、ですよ!

次のデートからは彼女の性格次第ではありますが、「デートで楽しませる男」を目指すなら、彼女の服装や髪型で判断しましょう。女の子にとって、デートの服装はとっても重要なもの。気合いを入れたワンピースやパンプスで待ち合わせ場所に現れたなら、それは「おしゃれなレストランに連れて行ってくれる」ことを想定している可能性が高いです。

ラフな服装であったとしても、白いシャツやブラウスは「スープがはねたり、油のシミがついたら嫌だな」と思っている可能性大! また、髪型も重要。ロングの女の子なら、髪をまとめるゴムやヘアクリップを持ち歩いていない時は、汁物はできるだけ避けたいと思っているものなんです。

嬉しいサプライズは別として、女の子は想定外の出来事は苦手。事前に「らーめんを食べようね」と決まっているのでなければ、しっかり状況を見極めて誘ってくださいね。

いざらーめんデート! 彼女のペースに合わせよう

らーめんデートにうまく誘えたら、いよいよ本番!
次のデートができるかどうか、はたまたカップルとして長続きするかどうかはこの「初らーめんデート」にかかっていると言っても過言ではありません。

できれば、初めていくらーめん店よりは、あなたのお馴染みの店がおすすめ。人気店ならできるだけ並ばない時間帯を選び、お気に入りのメニューやトッピング、食べ方を教えてあげると会話も弾みます。事前に食券を購入する店なら、さりげなくリードするのも忘れずに。

目の前にらーめんが運ばれてきたら彼女のペースに合わせてあげて。多くの場合、男性の方が食べ終わるのが早いため、それが女の子にとっては「待たせては申し訳ない」とプレッシャーになることも。女の子は食事中の髪型やメイクの崩れも気になっています。じーっと見て彼女が食べ終わるのを待つ、なんて厳禁ですよ!

これで成功間違いなし! 「食事後」の気遣い

お腹が満たされたところで、さらに彼女を満足させるなら「らーめんデート」のツメはここから。

お化粧直しタイムを取りたいはずの女性に「お手洗い大丈夫?」と声をかけたり、ニンニクたっぷりのらーめんを食べた後なら、口臭ケアアイテムをさりげなく彼女に分けたり、と気遣いを見せられると好感度はアップ!

また、女性はデートで「何を食べるか」や「何をするか」よりも「何を話すか」が重要だったりするもの。らーめん店ではゆっくりお話できなかった分、食後にはカフェに誘うなどして、トークタイムを設けましょう。

「スイーツは別腹」と食後にアイスクリームやパフェをシェアして食べたいと思っている女の子も多いので、ダイエット中などでなければインスタ映えするスイーツがあるカフェや、遅くまで営業しているカフェをらーめん店の近くで探しておくと良いですね。

 

いかがでしたか? 一見ハードルが高そうな“らーめんデート”。でもちょっとのコツや気遣いで楽しいデートにできちゃう方法をご紹介しました。ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

LIFE STYLE

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!