知っておきたい「らーめん用語」6選【あ行編】


初心者はここから押さえよ!知っておきたい「らーめん用語」6選【あ行編】

みなさんは「らーめん用語」に、どのくらいの自信がありますか?
マスターすれば、今よりももっとらーめんを食べる時間が楽しくなること、うけあい!
そこで今回は、初心者はここから押さえよ!「まずはこれだけはマスターしておきたい!」な“あ”行のらーめん用語を6選ご紹介します。

 

1:「あご」

「あのお店のらーめんは“あご”を使ってるから」などの会話で用いられる言葉。
「あご」とは「トビウオ」の異名で、主に九州地方で使われています。
つまり「あごだし」は、トビウオを使って作ったスープを表しています。
魚臭さはほとんどなく、まろやかな甘みが出やすいのも特長です。

 

2:「あし(アシ)」

「このお店の麺は“アシ”があっていいね」などと、主に麺について評する際に使われる言葉。
「アシ」とは「のび」のことで、麺を引っ張ったときに、プツンと切れずにのびのある様子を表すときに使われます。

 

3:「あつもり」

らーめん店で常連客が「“あつもり”でお願いします!」などと威勢よく口にしているのを耳にしたことはありませんか?
「あつもり」とは、つけ麺の好みを表すときに使われる言葉。
通常、つけ麺は熱々のスープに冷たくした麺をつけて食しますが、「あつもり」のは茹で上がった麺を冷やしたあと、再度湯通しをしたものです。
簡単に言ってしまえば、温かくした麺を熱いスープにつけて食したいときのオーダー用語です。

 

4:「アルギン酸」

らーめんの具に使われるワカメや、ダシをとる際に使われる昆布などの海藻類に多く含まれている食物繊維の一種。
高血圧や肥満予防に効果があると言われていて、らーめんの味わいにおいては、“旨味”を出す役割もはたしています。

 

5:「いえけい(家系)」

らーめんを語るならたびたび出てくる言葉で「家系らーめん」と言えば、こってり系のスープが定番。
豚骨醤油ベースのスープに、コシの強い太麺を合わせ、そこにチャーシューやほうれん草、海苔などの具がのっているらーめんの総称としても使われます。
これらのらーめんを扱うお店には「○○家」という屋号のお店が多かったことから、こう呼ばれるようになったと言われています。

 

6:「イノシン酸」

カツオや煮干し、肉類に多く含まれる天然化合物で、三大旨み成分のひとつと言われています。
煮干しや昆布からダシをとっているらーめんスープには、この「イノシン酸」が含まれるため、深い旨みのある味わいが楽しめるお店も多いです。

 

らーめんを食べるときに、用語の意味を知っていれば、通っぽいオーダーを楽しむのも楽々に。
「らーめん用語は複雑で、奥が深そう」と尻込みしがちな初心者さんも、まずはこのあたりから押さえておくと失敗がないでしょう。

 

関連記事

LIFE STYLE

65周年「創業祭」第2弾!懐かしの「中華そば」の味わいが今だけ限定復活創業65周年を迎える幸楽苑では、今年も「創業祭」を開催中!
9月20日から29日まで開催する第2弾では、
2015年に惜しまれながらも販売終了となった「中華そば」の味を再現した「中華そばクラシック」を期間限定で販売します。
昨年も