知っておきたい「らーめん用語」


初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」8選【は行編】

らーめん店でのシーンで、さりげなくらーめん用語を使いこなせれば、食事の時間がもっと楽しく感じそう。
初心者の女性でも、知っておくと便利ならーめん用語から、今回は「は行」の言葉を8選ご紹介します。

 

1:「白湯(ぱいたん)」

豚骨や鶏ガラなどを煮込んでいるスープのこと。
熱を加えることにより、スープが白く白濁することからこの名前がついたと言われています。
「白湯らーめん」と書かれていたら、白濁スープを使ったらーめんのことです。

 

2:「八角(はっかく)」

別名「スターアニス」「トウシキミ」という名の、中国原産の八角形をした香辛料。

個性的な香りがあり、らーめんスープに使われる際にも、独特の風味が出ます。

中華料理に欠かせない調味料としても、知られています。

 

3:「半チャン」

「半チャンでお願いします」などの会話で使われる“半チャン”とは、1人前として提供されている量の半分で提供されるチャーハンのこと。

“半チャンセット” と書いてある場合には、らーめんに半分サイズのチャーハンが付くという意味です。

 

4:「ビジュアル系」

エビやホタテなど、豪華な具材をトッピングしているらーめんのこと。
SNSに投稿する際、映える写真が撮りやすい“豪華な見た目”になっています。

 

 

5:「平打ち麺(ひらうちめん)」

文字どおり、断面が平らになっている麺のこと。
スープが絡みやすいと言われていて、こだわりのあるらーめん店で使われていることも多いです。

 

6:「太麺(ふとめん)」

こちらも、文字どおり太さのある麺を表す言葉。
どのくらいの太さがあると「太麺」と記せるかの定義については、おおむね1.7mm以上が基準となっています。

 

7:「振りざる(ふりざる)」

麺を茹でたり茹で上がった麺の水切りをおこなう際に使用する「ざる」。
1人前ずつ鍋に入れられる形状になっていて、効率的な調理に役立っています。

 

8:「北京鍋(ぺきんなべ)」

いわゆる「鉄製の片手鍋」のこと。
微妙な火加減で調理したいときに便利なため、らーめん店でもよく使われています。

らーめん店で見かける言葉や耳にする言葉には、難解なものが多いと感じる人もいるでしょう。
初心者な女性でも、こんな言葉を理解しておくと、らーめん店で過ごす時間がより楽しいものになるかもしれません。

 

 

関連記事

LIFE STYLE

65周年「創業祭」第2弾!懐かしの「中華そば」の味わいが今だけ限定復活創業65周年を迎える幸楽苑では、今年も「創業祭」を開催中!
9月20日から29日まで開催する第2弾では、
2015年に惜しまれながらも販売終了となった「中華そば」の味を再現した「中華そばクラシック」を期間限定で販売します。
昨年も