初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」4選【わ行編】


初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」4選【わ行編】

初心者の女性でも、知っておきたいらーめん用語、みなさんはいくつご存じでしょうか?
最終回の今回は、らーめん店でよく見かけたり耳にしたりするらーめん用語から【わ行】の言葉をご紹介します。
ここまでにご紹介した言葉をすべて知っておくだけでも、らーめん店で過ごす時間が、今までよりも奥深いものに感じる……かも!?

 

1:「わかめ」

らーめんの具として、おなじみの海藻で、味噌らーめんや塩らーめん、醤油らーめんと、定番のらーめんの具として一般的です。
生のわかめ100gあたりで16kcalとカロリーが低く、ダイエット中の女性でも、安心して食べられる具材として人気があります。

 

2:「和歌山らーめん(わかやまらーめん)」

ナルトの代わりに、かまぼこが使われているのが最大の特徴です。
コクのある味わいの豚骨醤油系や、あっさりとした醤油系スープの2種類に大別されます。
関西を代表するご当地らーめんのひとつです。

 

3:「割り下(わりした)」

スープのベースとして使われるタレのこと。
砂糖、みりん、醤油などで作られおり濃縮されているものが多く、これをベースに、その店ならではのオリジナリティを加えるところもあります。

 

4:「割りスープ(わりすーぷ)」

つけ麺を食べ終えたあとに、つけ汁と割って飲めるように薄めるスープのことです。
「スープ割り」と呼ばれることもあります。

ここまで毎回、らーめん店で耳にする用語をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
らーめん店では、独特の用語が飛び交うことも少なくないだけに、慣れないお店に入ったときほど、気後れしてしまう女性もいますよね。
よく耳にする言葉の意味を知っておくだけでも、らーめん店で過ごす時間が、これまでよりもグンと楽しくなるうえに、一緒に訪れた人との会話も広がります。
ぜひみなさんも、言葉の意味を正しく理解して、美味しく楽しいらーめん店での時間をお過ごしくださいね!

 

 

関連記事

LIFE STYLE

おうち時間が増え、普段よりも食事を作る機会が増えたご家庭も多いかと思います。毎日のことだけに、献立に悩むこともありますよね。そんな時に手軽に作れて美味しいらーめんは大活躍!
「外食には行けなくても、お店のようならーめんが食べたい…」と思っているかたいん試してほしい、家で作るらーめんをお店風にするコツ
思い立ったときに、手軽に自宅で、らーめんを楽しめるインスタント麺。その中でも、カップ麺はお湯を注ぐだけで食べられるので、よく利用する方も多いのではないでしょうか? 定番の味以外にも、続々と新商品が出るので、飽きずに楽しめますよね。
そんな身近なカップ麺ですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?
さまざまなフレーバーがある「らーめん」。麺の固さやスープの濃さなどを自在に選べるのも、食べるときの楽しみですよね。それぞれの人にこだわりもあり、好みもわかれるかと思います。
ところで今回は、麺やスープの人気傾向に注目。全国20歳~59歳の男女1000人を対象とした「マルハニチロ調べ」を元に、どんな組