「らーめん用語」8選【や行編】


初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」8選【や行編】

初心者の女性でも、知っておきたいらーめん用語をご紹介します。
今回は、らーめん店でよく見かけたり耳にしたりするらーめん用語から【や行】の言葉を9選選びました。
らーめん店でよく耳にする言葉の意味を知っているだけで、いつものらーめんがもっと奥深く感じるかもしれません!

 

 

「薬膳らーめん(やくぜんらーめん)」

「薬膳らーめん」と言うわりには、もともとの薬膳らーめんは、薬草だらけのスープを使っているわけではない点に要注意。
元祖は、名古屋市内に多く存在している系統で「好来系らーめん」です。高麗人参酢やニンニクなどを使っているスープで知られています。
最近では、実際に薬膳スープを用いた薬膳らーめんも増えています。

 

2:「焼干し(やきぼし)」

煮干しに似ているものの、煮干しが煮沸させて作っているのに対し、焼干しはカタクチイワシを焼いたものを指します。
焼干しをらーめんのダシに使っているらーめんとしては、青森らーめんが有名です。
煮干しよりも上品な味わいが特徴です。

 

3:「野菜ましまし(やさいましまし)」

野菜を多めに入れてもらうオーダーの仕方。
らーめん二郎系で多く耳にします。

 

4:「湯がく(ゆがく)」

らーめんのスープを作る際に、肉や野菜から出るアクを取り除くために、熱湯につけてアクを取ること。

 

5:「湯切り(ゆきり)」

らーめんの麺を茹でたあとに、ザルでお湯をしっかり落とすこと。

 

6:「茹で湯(ゆでゆ)」

らーめんの麺を茹でるお湯のこと。

 

7:「茹でこぼし(ゆでこぼし)」

らーめんを作るときに使った茹で湯を、捨てること。

 

8:「夜鳴きそば(よなきそば)」

深夜まで屋台を引いてらーめんを売り歩いているお店のこと。

 

9:「呼び戻し(よびもどし)」

前日に作ったスープを、新たなスープと混ぜ、コクを出す手法。
こだわりのらーめん店でもよく見られる調理法です。

らーめん用語には、難解なものもあるけれど、女性でも知っているとかっこいい言葉がたくさんあります。
まずは初心者でも覚えやすい、こんな言葉からひとつずつ覚えてみると、らーめんの世界が広がって、面白いのではないでしょうか。

 

 

関連記事

LIFE STYLE

おうち時間が増え、普段よりも食事を作る機会が増えたご家庭も多いかと思います。毎日のことだけに、献立に悩むこともありますよね。そんな時に手軽に作れて美味しいらーめんは大活躍!
「外食には行けなくても、お店のようならーめんが食べたい…」と思っているかたいん試してほしい、家で作るらーめんをお店風にするコツ
思い立ったときに、手軽に自宅で、らーめんを楽しめるインスタント麺。その中でも、カップ麺はお湯を注ぐだけで食べられるので、よく利用する方も多いのではないでしょうか? 定番の味以外にも、続々と新商品が出るので、飽きずに楽しめますよね。
そんな身近なカップ麺ですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?
さまざまなフレーバーがある「らーめん」。麺の固さやスープの濃さなどを自在に選べるのも、食べるときの楽しみですよね。それぞれの人にこだわりもあり、好みもわかれるかと思います。
ところで今回は、麺やスープの人気傾向に注目。全国20歳~59歳の男女1000人を対象とした「マルハニチロ調べ」を元に、どんな組