初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」


初心者な女性でも知っておきたい「らーめん用語」8選【ま行編】

初心者の女性でも、最低限のらーめん用語を知っておくと、なにかと便利です。
そこで今回は、らーめん店でよく見かけたり耳にしたりするらーめん用語から【ま行】の言葉を8選ご紹介します。

 

1:「マー油(まーゆ)」

揚げたニンニクの香りをつけた油のことです。
らーめんでは、コクや香りをつけるために使われます。

 

2:「宮崎らーめん(みやざきらーめん)」

同じく九州の博多らーめんと同様に、とんこつをベースとしたスープで作られているご当地らーめん。
柔らかい太麺を使っているのが特徴で、とんこつベースですが、あっさりとした風味です。

 

3:「無化調(むかちょう)」

化学調味料を使用していないらーめんのこと。
「化学調味料は無」が語源です。
昨今の健康志向によって増えていますが、無化調であっても、醤油や食材に添加物が入っている場合もあります。

 

4:「無かん水(むかんすい)」

かん水を使用していない麺のことです。
かん水は、シャキシャキとした歯ごたえを出してくれる一方で、健康志向ブームの影響で、避ける人も増えています。

 

5:「メンカタ」

博多らーめんのお店で多く使われている言葉で「麺を固めに」という意味です。

 

6:「モデルチェンジ」

らーめん店が、メニューなどの内容を大幅に変えるときにも「モデルチェンジ」という言葉で表現します。
コンセプトや提供するメニューが大幅に変わり、別のお店に生まれ変わる場合が多いです。

 

7:「モミジ」

鶏の足のこと。その形から「モミジ」と呼ばれています。
らーめん店でのダシに使われることも多いほか、油で揚げておつまみメニューとして提供しているお店もあります。

 

8:「もりそば」

「もりそば」と聞くと、日本蕎麦をイメージする人もいるかもしれませんが、らーめん店で使う場合には、つけ麺の別名です。

初心者さんほど、らーめん店で見かける言葉や耳にする言葉に「よくわからない!」と感じますよね。
難解そうに聞こえる言葉でも、一度意味を知ってしまえば、そんなに難しい言葉はありません。
まずは、一般的に使われているこんな言葉からチェックしてみるといいのではないでしょうか。

 

 

関連記事

LIFE STYLE

今回は、ダイエット中の人必見!らーめん屋さんの定番の味、「醤油」「味噌」「塩」などの内、比較的カロリーが低いメニューや、ダイエット中の人におすすめの食べ方などをご紹介します。
らーめん店に誘われて「食べたいけれど、美容が気になる……」という女性もいるのではないでしょうか。そこで今回は、らーめんを食べるときに「少しでも美容を意識したい!」と考えている女性におすすめのメニューを3選ご紹介します。
ダメだとわかっているのに何故なのでしょう? 今回は、そんな深夜の誘惑「夜中にらーめんが食べたくなる理由」を深堀り!体がらーめんを欲しがる理由や、その対処法などを、これまでご紹介した方法と合わせて解説していきます。