仲良しカップルはみんな実践!?長続きの秘訣を探る!


仲良しカップルはみんな実践!?長続きの秘訣を探る!

大切なパートナーができたら、ずっと仲良くお付き合いを続けていきたいもの。願い通りに誰もが憧れるような仲良しカップルになる人もいれば、一方で「今度こそはと思ったのに」「いつも同じ理由でフラれる」といった、「なぜかいつも長続きしない」という声もよく耳にします。

果たして、長続きする人とそうでない人その分かれ目はどこにあるのでしょう?

さまざまなカップルの声を聞いてみると、どうやら長続きしている人や無事ゴールインにたどり着いた人たちには共通項があるようです。さらにいうと、「いつも長続きしない」人たちにもいくつかの共通ポイントが。今回は、そんな「成功例」と「失敗例」を元に、長くお付き合いを続けるための秘訣を探ってみたいと思います!

 

 

「わがまま≠ありのまま」相手への思いやりを

 

お付き合いのはじめのうちは、緊張したり、ちょっぴり気取ってしまうのは誰でもきっと同じ。でも、何度もデートしたり、お付き合いが数ヶ月に渡ったら、いつまでも他人行儀なままではお互いに疲れてしまいます。少しずつでかまわないので、友人や家族と過ごす時のような自然な自分を見せられるようにしましょう。

とはいえ、きっかけがないと自分をさらけ出すのが怖い…という人もいますよね。そんな時は、デートスポットをリラックスできる場所にしてみるのがおすすめ。おうちデートでも良いのですが、例えば食事なら、行き着けのらーめん屋さんや定食屋さんに一緒に行ってみるなど自分や相手の『テリトリー』で過ごしてみると◎ 小さい頃の話や地元にまつわるトークなども引き出しやすく、何気ない会話を重ねることで自然とお互い自分らしく過ごせるようになっているはず。

また、自然な自分の姿を見せることに慣れてきた場合に注意したいのが、相手に自分の考えを伝える時。恋愛が長続きしない人の場合、「ありのまま」の自分を出すことを「わがまま」と履き違えてしまうケースが少なくないようです。

相手の考えを聞かずに自分の意見を押し通そうとしたり、相手の気持ちを考えずに相手の選んだものを否定したり。「だって嫌いなんだもん」「思ったことを言っただけ」というのは、例えそれが本当の気持ちを伝えただけのありのままの姿であっても、相手は不快だったり傷ついている場合がほとんど。自分の意見を伝えること自体はちっとも悪いことではないのですが、相手への思いやりを絶対に忘れないで!

 

お互いの大切なもの、好きなものを認め合う

 

お付き合いが続いていくと、お互いの趣味や嗜好などについても自然と詳しくなるもの。長続きカップルの声を聞くと「興味のなかったサッカーが今では、一人で試合を見に行くくらい好き」「彼の影響でヒップホップに詳しくなった」「彼の好きな豚骨らーめんが食べられるようになった」なんていう声をよく耳にします。

ただ、自然と相手の趣味や好きなものを自分も好きになれる場合は良いのですが、必ずしもそうでな場合も。そんな時は無理に相手に合わせる必要はありません。ただし「相手はこれが好きなんだ」ということを尊重すること。相手が趣味にかけるお金や時間が常識外れではない限り、相手が趣味のために出かけていく時は気持ちよく送り出す、趣味のために購入したものにケチをつけたりしない、といったことを心がけてみてください。

同様に、あなたにも譲れない大切な趣味や習い事などがある場合は、無理につき合わせたりしないこと。大切なのは同じ趣味を持つことや価値観を無理に同じにしようとしたりするよりも、お互いの価値観を尊重できるかどうかです。

また「相手が恋人よりも友人ばかり優先する!」といった不満もよく耳にしますが、あなたとの約束を何度も破ったりするのでなければ、相手の友人を大切に思う価値観を尊重して。あなた自身にも、1人の時間や家族・友人と過ごすことで成長したり楽しんだりできることがたくさんあるはず。

もし、趣味や友人と過ごす時間ばかりで「2人の時間が全然ない!」と不満に感じたら、2人で楽しめる新たな趣味や料理やDIYなど2人で共同作業できることを探したり、「2人で過ごす時はできるだけ携帯をいじらない!」などのルールを設けると良いですね。

 

記念日などの「節目」を大切にする

 

長く続いているカップルほど実は大切にしているのが記念日。失敗カップルの場合、はじめの内は1カ月単位、はたまた1週間単位でお祝いしていたのに、気がつけばどちらからともなく何もしなくなる…といったケースが多いようなのですが、これは派手なプレゼントやサプライズにこだわりすぎてだんだん面倒くさくなってしまう、といったことが一因になっているよう。

長続きカップルは、イベントの内容こだわるのではなく記念日そのものを重要視しています。記念日をきっかけにお互いに感謝の気持ちを伝え合ったり、思い出話に花を咲かせたりすることで、お互いの存在の大切さ再認識するための日にしているようです。つまり、感謝の気持ちを伝えるために、お花やプレゼントといった形で気持ちを表現することはあっても、「もの」自体は二の次。なので面倒くさくなったり、ましてや大切な日を忘れるなんていうことは発生しないのです。

「お祝い事をしなければならない日」と考えてしまうと、どうしてもお互いの負担になりがち。ぜひ成功カップルの考え方を参考に2人なりの記念日の過ごし方を考えてみて。

いかがでしたか? 今回は長続きカップルの代表的な特徴を紹介しましたが、実はまだまだほかにもポイントはあり、その人たちだけの成功ポイントもあるはず。ぜひ、身近な長続きカップルやご夫婦を観察して、ずっと仲良しなお付き合いを目指してくださいね!

 

 

関連記事

LIFE STYLE

札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!
「私は大丈夫かな?」とちょっぴり心配になったあなた。今回はSNSの「間接自慢」と思われてしまう代表的な例と、嫌われないための注意点をご紹介しますのでぜひご参考に! 
幸楽苑から、煮干の風味が豊かに香るらーめん2種「煮干らーめん(あっさり)」「煮干らーめん(こってり)」が期間限定で新登場!