ラーメンデートでモテる


ラーメンデートでモテる女性ほどしている「ちょっとした気遣い」

恋人とのデートで、ラーメンを食べに行くシチュエーションは、意外と多いもの。
しかしラーメン店に慣れていない女性ほど、立ち振る舞いに迷ってしまいがちかもしれません。
そこで今回は、ラーメンデートで彼からのモテを狙える、とっておきの気遣いを3選ご紹介しちゃいましょう。

 

気遣い1:ヘアゴムやヘアピンを忍ばせて、いつでも髪をまとめられるように!

彼がラーメン好きならば、デートの日にはバッグにヘアゴムやシュシュを念のため持参しておくのが、予定外のラーメンデートで彼を幻滅させない対策に。
髪をかきあげながらラーメンを食べる姿も女っぽいけれど、どうしても「スープに髪の毛が入っちゃうんじゃ……?」、「何度も髪の毛を触りながら、食事をするなんて……」のイメージから、不用意に不潔な印象を抱かせがちなのも否めません。
「ラーメンを食べるときには、髪をまとめる」は王道のモテセオリーながら、基本に忠実であることは、一緒に食事をする人に不快な思いを抱かせない“気遣い”にもつながります。

 

気遣い2:残すくらいなら小盛りでオーダーせよ!

もともと少食な女性や、あまりお腹がすいていないシチュエーションでのラーメンデートでは「1杯食べきれるか、不安……」と感じる女性も少なくないのではないでしょうか。
そんなときには、残すくらいなら小盛りをオーダーするのも、モテるラーメンデートの極意に。
一緒に食事をしている女性が、食べ物を残すのを嫌がる男性も少なくないため、食べきれる自信がないときには、“食べられる量”だけを注文するのも立派な気遣いになるというわけです。
余談ですが「なら、余った分は僕が食べるから、1杯頼んじゃえば?」と言ってくれれば、1杯のラーメンを彼とシェアするラブラブデートも楽しめるので、食べきる自信がないときには、事前の申告がベターなのです。

 

気遣い3:おしゃべりよりも食べるのを優先!

食べるのが遅いのを自覚しているのに、ラーメンを食べながらおしゃべりに夢中になってしまえば、さらに食事のスピードが落ちてしまいがち。
ラーメンの場合には、時間が経つほどにスープは冷め、麺は伸び……と、美味しさにも陰りが見え始めます。
「美味しいものを一緒に食べたい!」「僕のお気に入りのラーメンを、大好きな彼女に食べさせてあげたい!」と思っている男心を汲み取るなら、ラーメンは熱いうちに食べきるのも彼への気遣いに。
会話がなくても、ハフハフしながら一緒にラーメンを食べているというシチュエーションを楽しんで。

ラーメンデートで、彼の幻滅を誘う振る舞いをしてしまえば、ラブラブムードも激減しかねません。
ぜひ、ちょっとした気遣いで、モテるポイントを意識しちゃいましょう。

 

関連記事

LIFE STYLE

女性でも、らーめん用語を使いこなしていると、通な雰囲気に見えやすく、らーめんデートでも一目置かれやすいでしょう。今回は、初心者さんでも「まずは、ここからマスターしておきたい!」な“た”行のらーめん用語を8選ご紹介します。
幸楽苑では、期間限定で3種の冷やし中華「醤油ダレ冷やし中華」「ごまダレ冷やし中華」「和風盛り中華」を発売中。季節は春からすでに初夏の装い。これからの季節に思いっきり楽しみたい“あの味”の登場です!