知っておきたい「らーめん用語」8選【た行編】


チャンレジ系ってなに?知っておきたい「らーめん用語」8選【た行編】

女性でも、らーめん用語を使いこなしていると、通な雰囲気に見えやすく、らーめんデートでも一目置かれやすいでしょう。
今回は、初心者さんでも「まずは、ここからマスターしておきたい!」な“た”行のらーめん用語を8選ご紹介します。

 

1:「台湾らーめん」

最近、いろいろなお店で目にするようになった「台湾らーめん」とは、ひき肉やニラ、ニンニクと唐辛子を使ったピリ辛のらーめんのこと。
別名「台湾麺」とも呼ばれています。

 

2:「ダブ完(だぶかん)」

1軒のお店で、2杯おかわりをして完食することを「ダブ完」と言います。
彼がよく食べるタイプの場合には、日常的に見られる光景かも……?

 

3:「ダブルスープ」

鶏ガラ、豚骨など肉類からとったスープと、かつお節や昆布などの魚介類からとったスープをブレンドしているスープのこと。
コクがあり、深みのある味わいが特徴です。
ブレンドの割合によっても、味は大きく差が出ます。

 

4:「玉あげ(たまあげ)」

“つなぎ”に卵を使用している麺のこと。
独特のほのかな甘みが特徴的です。

 

6:「縮れ麺(ちぢれめん)」

縮れた形状に作られている麺のこと。
スープと麺がよく絡むようにというのが、縮れさせている理由です。

 

7:「チャッチャ系」

背脂をたっぷりのせているらーめんを指す言葉です。
仕上げの際に「チャッチャ」と音が聞こえるような動作で、どんぶりに背脂を加えている姿から、この名前がついたとも言われています。

 

8:「チャレンジ系」

制限時間内に完食すると飲食代が無料になるなどのゲーム的要素があるらーめん店のこと。
達成者を、写真付きで店内に表彰しているお店もあります。

らーめん店で飛び交う用語には、初心者にはなじみがない言葉も少なくありません。
スタッフやらーめん好きな彼との会話で、さりげなく通っぽい言葉を操って、らーめんデートをもっと楽しい時間にしちゃいましょう!

 

 

関連記事

LIFE STYLE

すぐにらーめんを食べたいときのおうち時間の強い味方が「インスタントらーめん」。そして味変をしたいときに、少しひねったアレンジをするのに便利なのが、ドレッシングです。
ケンコーマヨネーズの調査では、味が飽きてしまったり賞味期限が短かったりという理由から、ドレッシングを使いきれなかったという意見が約6割
大好きならーめんを家で作ってみたけれど「トッピングの具材が足りない…」というシーンは、ちょっとガッカリ。そんなシチュエーションでは、身近な食材をらーめんのトッピングに活用してみるのもおすすめです。
わざわざらーめんトッピング用の具材を買わなくても、家で簡単にらーめん定番トッピングの代用ができる調理術
国民食といっても過言ではないらーめんは、家にいても、無性に食べたくなるときありますよね。せっかくなら、家にいる時間を活用して、手作りらーめんにもチャレンジしてみませんか?
なかなか外出ができないときに、らーめんが食べたくなったら、家で手作りできれば、食の満足度も上がります。そこで今回は、簡単手順で作
自宅で自分好みのらーめんを作ることができたら、おうち時間がさらに充実しますよね。らーめんの「肝」であるスープを作るのは、一見難しそうに思う人も多いのですが、実は、家庭にある調味料でも手作りスープが簡単に作れます。
今回は、市販の出汁類を使って、簡単なのに旨味たっぷりの醤油らーめんレシピをご紹介します