カフェイン含有量の多いコンビニドリンクとは!?


ガッツリ集中したい日の強い味方!カフェイン含有量の多いコンビニドリンクとは!?

絶対定時で帰りたい日、徹夜覚悟で仕事や勉強に臨みたい日。
そんな、どうしても集中したい日に頼りたくなるのがカフェインを含んだドリンク!

コンビニに駆け込むも、コーヒーや栄養ドリンク、エナジードリンクなど、カフェイン入りのドリンクにはたくさんの種類があり、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

カフェインを含んだドリンクは「集中力を高めたい時に飲むもの」というイメージがありますが、一方で摂り過ぎると体に良くないとも耳にします。カフェインの適量、効果、副作用など特徴を知って上手に摂取したいものです。

そこで今回は、ガッツリ集中したい時の強い味方、カフェインを含んだコンビニドリンクの中から、その含有率やそれぞれの特徴などについて深堀りしていきたいと思います。

 

脳に働きかけて眠気をシャットアウト

カフェインとはそもそもどんな物質なのか?
なぜ集中力を高める効果があるといわれているのか?
まずは特徴を知ることからスタートしましょう。

カフェインは、植物に含まれる天然由来の有機化合物「アルカロイド」の一種。コーヒー豆をはじめ、カカオ豆や茶葉などに含まれる成分で、苦味があるのが特徴です。コーラや栄養ドリンクなどのドリンク類には、これらの植物から抽出された成分が食品添加物や医薬成分として使用されています。

カフェインの代表的な作用には「覚醒作用」「鎮痛作用」「利尿作用」があります。

中でも「覚醒作用」はよく知られた作用のひとつ。「眠気覚ましにはコーヒー」ともいわれるように、カフェインは眠気の正体である脳内物質「アデノシン」と結合し、アデノシンの働きを抑制させる作用があります。

カフェインとアデノシンが結合すると、本来アデノシンと結合するはずだった物質「ドーパミン」や「グルタミン酸」といった興奮性神経伝達物質が神経細胞に放出され、脳が興奮状態になるのだそう。眠気をどうにかしたい時や、やる気を出して集中力を高めたい時にカフェイン飲料が重宝されるのは、こうした脳への働きかけがあるからなのです。

また、カフェインには血管を収縮させる働きがあるため、血管の拡張で発生する痛みを治める「鎮痛作用」があり、頭痛などに効果的な鎮痛剤や風邪薬などにもカフェインが含まれていることがあります。

さらにカフェインには「利尿作用」も。腎臓の血流量を増やし、尿の生成を増加する働きがあります。塩分の摂りすぎなどでむくみが気になる際は、解消のお助け飲料にもなります。

 

胃痛や睡眠障害!?カフェインの摂りすぎがNGな理由

カフェインには上記のような良い効果が期待できる一方、デメリットもあります。

カフェインには胃酸分泌作用があり、摂りすぎると胃の粘膜を傷つけてしまうことがあります。また、カフェインを多く摂取する習慣がある人の中には、「覚醒作用」が効きすぎて睡眠障害を抱えたり、カフェインの効果が切れた途端に、極端に集中力が落ちてしまい、不安になったり落ち着きがなくなったり、といった依存症のような症状が起こることも。

さらに一度に過剰摂取すると、急性中毒になることがあり、めまいや震え、嘔吐などの症状を引き起こしてしまうことも。カフェイン飲料は、コンビニで気軽に手に入る飲み物でもあるだけに、こうした事態を防ぐためにはカフェインの適量を知ることが大切です。

 

コンビニドリンクのカフェイン含有量をチェック

さて、カフェインを摂取するメリット・デメリットといった特徴がわかったところで、いよいよ本題。カフェインの適量とコンビニで手に入る代表的なドリンクのカフェイン含有量を比較してみましょう。

まずカフェインの1日あたりの適量の目安ですが、これは個人の体重やその日の体調によって差異があるものの、おおよそ成人は400㎎を限度とし、1回あたりの摂取量は200㎎までに抑えるのが良いとされています。

これはドリップしたコーヒーなら、1日に約3〜4杯分ということになります。急性中毒を防ぐには、一度に大量に飲まず、時間を置いて摂取量に気をつけるのもポイントです。

また、コンビニのドリンクコーナーにある代表的な飲み物別にみていくと、

●缶コーヒー…約30〜200㎎
●ペットボトルの紅茶(500ml)…約50㎎
●ペットボトルの烏龍茶(500ml)…約100㎎
●ペットボトルの濃いめの緑茶(500ml)…約100㎎
●ペットボトルの緑茶(500ml)…約50㎎
●ペットボトルのジャスミン茶(500ml)…40㎎
●エナジー系ドリンク…約50〜100㎎

と、商品によって同じ系統のドリンクでも含有量にはかなり差があります。
すでにイメージしていた人も多いと思いますが、コーヒーやエナジードリンクのカフェイン含有率はやっぱり比較的高いものが多め。ですが、商品によっては烏龍茶や緑茶より低いものもあります。成分表示をみて、適量を摂るように心がけてみてくださいね。
いかがでしたか?
眠気を醒まし、元気づけてくれるカフェイン飲料は、頑張りたい日の強い味方。
ぜひ、飲み方に気をつけながら、気合いを入れたい日を乗り越えてくださいね!

 

 

関連記事

LIFE STYLE

幸楽苑では10月4日から、店舗で販売している「お持ち帰り冷凍商品」に2つの新商品を追加いたします!
幸楽苑ホールディングスでは10月1日から、井上商事株式会社が展開する「スイーツパラダイス ケーキショップ」にて、両社のコラボレーション新商品「味噌野菜たんめんケーキ」を販売中です。
初心者の女性でも、知っておきたいらーめん用語をご紹介します。今回は、らーめん店でよく見かけたり耳にしたりするらーめん用語から【や行】の言葉を9選選びました。