らーめんデートで「女性が持っているとモテるもの」


らーめんデートで「女性が持っているとモテるもの」3選

「今日のデートでは、らーめんを食べに行く予感!」
「今夜はきっと、飲んだあとの締めで、彼はらーめんに行きたがるだろうな」
そんなふうに感じたら、バッグの中身もデートに備えて、アップデートを試みたいもの。
らーめん好きな彼ほど、らーめん店でモタついている彼女にはゲンナリしちゃうのも現実。
それだけに、“できる彼女”を目指すなら、いくつか持っておきたいグッズもあるのです。
今回は、らーめんデートの予感がする日に、バッグに忍ばせておきたいらーめんデートで「女性が持っているとモテるもの」3選をご紹介いたします。

 

1:シュシュorヘアクリップ

どんな長さのヘアスタイルでも、らーめんを食べるときに髪の毛が邪魔になってしまうと、らーめんに没頭できず、気が散りがちに。
そこで、らーめんを食べているときには、髪の毛が邪魔にならないようシュシュやクリップでサッと留めることができると、男性から見ても好印象です。
ただし、食後に髪の毛に結んだ跡がついてしまうと、魅力も半減……。
お店によっては、ヘアゴムを貸し出してくれるところもありますが、食後にゴムの跡がつかないよう、髪に結んだ跡がつきにくいシュシュやバナナクリップなどがあると便利でしょう。

 

2:ウエットティッシュ

らーめん店にもティッシュは置いてあるけれど、手元にあると意外と便利なのが、ウエットティッシュです。
除菌効果のあるものならば、食前におしぼりがわりに彼に渡してあげることもでき、女の子らしさをアピールする好ポイントにも。
また、食後に「ちょっと手を拭きたい」というときにも、わざわざ化粧室に行かずとも手を清潔にでき、便利です。

 

3:小銭

らーめん店には、クレジットカードが使えず、現金での支払いが求められるお店も多いです。
彼がご馳走してくれるにしても、支払いの際に、小銭がなくモタついてしまうことも、無きにしも非ず。
そんな場面で、サッと小銭を出すことができると、彼から見ても好印象を狙えます。
混雑している人気店では、会計に時間がかかると他のお客様から白い目を向けられることもあるため、そういう場面ほど、小銭があると彼にも重宝がられるでしょう。

らーめん店でのデートでは、ちょっとした気遣いが彼をキュンとさせるコツにも繋がります。
温かいらーめんを一緒に食べながら、ふたりのムードもラブラブを育めるよう、ぜひ、持ち物にもひと工夫を取り入れてみてくださいね。

 

関連記事

LIFE STYLE

すぐにらーめんを食べたいときのおうち時間の強い味方が「インスタントらーめん」。そして味変をしたいときに、少しひねったアレンジをするのに便利なのが、ドレッシングです。
ケンコーマヨネーズの調査では、味が飽きてしまったり賞味期限が短かったりという理由から、ドレッシングを使いきれなかったという意見が約6割
大好きならーめんを家で作ってみたけれど「トッピングの具材が足りない…」というシーンは、ちょっとガッカリ。そんなシチュエーションでは、身近な食材をらーめんのトッピングに活用してみるのもおすすめです。
わざわざらーめんトッピング用の具材を買わなくても、家で簡単にらーめん定番トッピングの代用ができる調理術
国民食といっても過言ではないらーめんは、家にいても、無性に食べたくなるときありますよね。せっかくなら、家にいる時間を活用して、手作りらーめんにもチャレンジしてみませんか?
なかなか外出ができないときに、らーめんが食べたくなったら、家で手作りできれば、食の満足度も上がります。そこで今回は、簡単手順で作
自宅で自分好みのらーめんを作ることができたら、おうち時間がさらに充実しますよね。らーめんの「肝」であるスープを作るのは、一見難しそうに思う人も多いのですが、実は、家庭にある調味料でも手作りスープが簡単に作れます。
今回は、市販の出汁類を使って、簡単なのに旨味たっぷりの醤油らーめんレシピをご紹介します