はねない、汚れない! らーめんのきれいな食べ方をマスターしよう


はねない、汚れない! らーめんのきれいな食べ方をマスターしよう

おいしくてリーズナブル、デート中におなかがすいたときにも「ちょっと行こうよ!」と気軽に入れるらーめん店。でも、食欲をそそるらーめんの香りに瞳を輝かせる彼の横で、女子の心によぎるのは小さな不安……。そう、らーめんって意外ときれいに食べるのが難しい!

「ズルズルと音をたてて食べてもいいの?」「スープがはねてお気に入り服にシミがついちゃったらどうしよう……」。こんな心配を抱えたままでは、せっかくのらーめんのおいしさも半減です。今回は、そんな悩める女子に送る、らーめんの食べ方講座。彼の前でも自信をもってらーめんを楽しみましょ♡

長い髪はまとめておくべし!

髪の毛を気にして片手で押さえながら食べる姿は、あまり見栄えがいいものではありません。ましてや気を付けていたのにうっかり長い髪の毛がスープに沈没!なんて事態になったらサイアク!

席についたら、長い髪の毛はさっとまとめるがおすすめ。急ならーめんデートに備えて、バッグのなかにはいつもバレッタやヘアゴムを常備しておくと安心ですね。

前回の「らーめんデートでモテる仕草」でもご紹介した通り、サッとラフに髪の毛を束ねる姿は、どこかセクシーで男性の心にも印象的に残るはず。ロングヘアとまとめ髪、一度のデートで違う姿を見せられるチャンスでもあります♡

箸をスライドして麺の揺れを制御!

らーめんを食べるとき、いちばん気になるのがスープのハネ。トップスに点々としたシミを見つけたときのショックときたら計り知れません。

破壊力絶大な汁ハネを予防するための最大のポイントは、麺をぶらぶら揺らさないこと。麺の予測不能な動きこそ、からんだスープがあちこちに飛び散る大きな原因だからです。

まず大切なのは、麺を持ち上げる分量。女性なら、3〜4本分ぐらいが適量です。一気に大量の麺をつかむと、途中でドボンとスープに落下する危険が高まります。

麺をスッとつかんだら、少し前かがみになって顔をどんぶりの上に。あまり猫背になりすぎるとガツガツした印象になってしまうので気をつけて。

麺をフーフーッとやさしく冷ましたら、ためらうことなくすすりましょう。そして、一口すするごとに箸を下にスライド! こうすることで、麺の揺れを抑えることができます。

麺の終点をレンゲにのせて汁ハネを防止

一度つかんだ麺は、途中でかみきることなく一気にすするほうがきれいに見えます。ズズズッと小気味よく食べる姿は、粋でクール!

あまりに盛大な音を立てるのは考えものですが、3〜4本であればバキュームのような吸引力は必要なし。適度なボリュームで小粋にすすりあげることができるはずです。

このとき注意したいのは、麺の先はギリギリまでスープに浸しておくこと。なぜなら、スープから完全に顔を出してしまうと、先端がぐるぐると旋回してスープが飛びはねやすくなるから。麺の先が見えてきたら、レンゲですくって、口元まで運びましょう。

これを繰り返せば、最後まできれいに完食!
食べる姿も、食べ終わったあとも美しくいられるはずです。麺の動きをコントロールする箸づかいは、らーめんに限らず、うどんやそばでも応用可能。ぜひマスターして、食べ方の美しい魅力的な女性になりましょう♡

関連記事

LIFE STYLE

「マナーが悪い人とは一緒に食事をしたくない!」「二度目のデートは絶対ない!」。カップルとなれば、何度となく共にすることになるのが食事です。だからこそ、食事マナーの「合わない!」に、女性は目を光らせているもの。
多くの人が、当たり前のように“らーめん=太る”という認識を持っているようです。らーめんは本当にデブのもとなのか…!? じっくり検証してみましょう。
名古屋発祥、麺類好きの間で話題の「台湾まぜまぜそば」を、たっぷりの野菜といただく2種の麺が幸楽苑から登場! 混ぜ方やトッピングのアレンジで様々な味わい方ができ、程よい辛さで箸が進む、夏にぴったりの辛旨麺です。
「醤油ダレ冷やし中華」は醤油味をベースに、ごま油や黒酢、レモン果汁を加えたさっぱり味が特徴。ごまダレにほんのり酸味を効かせたコクのあるスープを楽しめる「ごまダレ冷やし中華」。