いつだって女子力全開! らーめんデートで彼に愛されるモテ仕草3選


いつだって女子力全開!らーめんデートで彼に愛されるモテ仕草3選

付き合いたての彼や気になっている彼と食事の日。イタリアン?フレンチ?それとも多国籍料理やお寿司かも!? 彼が何を選んでも大丈夫な服装で来たし、マナーもばっちり!…のはずが、彼が選んだのは予想していなかった「らーめん」!
「彼の前だといつものように豪快に麺をすするのが恥ずかしい」「髪の毛下ろしてきちゃった…」などなど、急な彼からのらーめんデートへのお誘いは、何かと戸惑いと不安がいっぱい。

でも大丈夫! 男の子は「らーめんを食べる女の子」が大好きなんです! 今回は、らーめんを食べる女の子の姿の中でも、特に男子から人気の高い“モテる仕草”を伝授。彼の心を射止めるポイントをご紹介します!

さっと髪を束ねる→ほどく一連の姿にドキッ❤

髪の長い女の子にとっては、最初の難関。「髪を一つ束ねると顔の輪郭がくっきりしちゃって嫌だなぁ」と思うかもしれないけれど、髪の毛を気にし過ぎて食べるのが遅くなってしまったり、気をつけていたのに髪の毛がスープ入っちゃった!なんていうミスをしてしまう方が却ってマイナス。

ゴムやヘアクリップがかばんに入っているなら、ここは勇気を出してサッとまとめるのがベストです! 単に食べやすくなるのはもちろん、腕を上げて一点を見つめ、長い髪を一つ束ねる女の子の動作は、男の子にとってどこかセクシーに映ります。

さらに彼が見たくなるのが、食べ終わった後に髪をほどく仕草。サラサラの綺麗な髪がハラリと肩に戻っていく様子は、思わず見つめてしまうほどうっとりさせられるはず。

髪を束ねるものを持っていない時はサイドの髪を耳にかけたり、片側に流したりといった所作でもOK!

いざ実食!フーフーしたら思い切って豪快に!

実際にらーめんを食べている間だってモテ要素は満載! 熱々のらーめんが運ばれてきたら、まずは可愛く、フーフー冷ましながら食べましょう。この仕草が見たくて、らーめんデートに誘う男性もいるくらいポイントの高い仕草なんです❤

また、ついついすする時の音が気になって、なるべく音を立てないようにと少量ずつ口に運んでしまいたくなりますが、これはほどほどにしないとNG。誘ってくれた彼は、あなたに楽しく、美味しく食べてもらいたいと思っているのです。すする音なんてそんなに気にしていません。いつも通りの食べ方でOK!

他の食事の時のマナーがきちんとしてさえいれば、彼は「女の子らしくない」なんて幻滅したりしないはず。かえって「心を許してるのかな」「らーめんの食べ方わかってるじゃん」なんて、あなたのナチュラルな姿を見て喜んでくれたりするかもしれませんよ❤

食事の基本「いただきます」「ごちそうさま」

いつもの食事だと気をつけていても、らーめん屋さんだと雰囲気的に意外と忘れがちになってしまうのが「いただきます」と「ごちそうさま」。らーめんが運ばれてきた時や食べ終わった後に、きちんと手を合わせ、食事を作ってくれた人や命をいただくことへの感謝ができると、男性の胸キュン度アップ間違いなし!

もし彼にご馳走になった場合は、彼に対しても「ごちそうさまでした」と感謝の気持ちをきちんと伝えてくださいね。「らーめんぐらい気軽にいつでもおごるよ」なんて口では言っていたとしても、奢られて当然という態度は、やっぱり男性にとっても気持ちの良いものではないのです。

途中まで“モテ仕草”で攻めても、最後の最後で彼をがっかりさせてしまうことのないように、ぜひ実行してくださいね
らーめん屋さんでも抜かりなく女子力を発揮して、しっかり彼のハートをつかみましょう❤︎

関連記事

LIFE STYLE

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!