LIFE STYLE


LIFE STYLE

女性でも、らーめん用語を使いこなすと、らーめん通に見えておしゃれな時代。今回は、初心者さんでもまずはここからマスターしておきたい、使えると通に見える!知っておきたい「らーめん用語」8選【な行編】をご紹介します。
「今日のデートでは、らーめんを食べに行く予感!」「今夜はきっと、飲んだあとの締めで、彼はらーめんに行きたがるだろうな」そんなふうに感じたら、バッグの中身もデートに備えて、アップデートを試みたいもの。
女性でも、らーめん用語を使いこなしていると、通な雰囲気に見えやすく、らーめんデートでも一目置かれやすいでしょう。今回は、初心者さんでも「まずは、ここからマスターしておきたい!」な“た”行のらーめん用語を8選ご紹介します。
女性でもらーめん用語を使いこなしていると、通っぽいですよね。そこで今回は、初心者さんでも「まずはこれだけはマスターしておきたい!」“さ”行のらーめん用語8選をご紹介します。
今年の冬も、本格的な寒さが身にしみますよね。寒さによる「冷え」は、女性の大敵です。最近では、冷えを放置することによる疾病リスクも注目を集めていて、美や健康のために「身体を温めること」の大切さが見直されています。
らーめん用語をマスターすれば、今よりももっとらーめんを食べる時間が楽しくなりそうですよね。このシリーズでは、初心者さんでも「まずはこれだけはマスターしておきたい!」な用語をご紹介しています。
みなさんは「らーめん用語」に、どのくらいの自信がありますか?
マスターすれば、今よりももっとらーめんを食べる時間が楽しくなること、うけあい!
恋人とのデートで、ラーメンを食べに行くシチュエーションは、意外と多いもの。しかしラーメン店に慣れていない女性ほど、立ち振る舞いに迷ってしまいがちかもしれません。そこで今回は、ラーメンデートで彼からのモテを狙える、とっておきの気遣いを3選ご紹介しちゃいましょう。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
大切なパートナーができたら、ずっと仲良くお付き合いを続けていきたいもの。願い通りに誰もが憧れるような仲良しカップルになる人もいれば、一方で「今度こそはと思ったのに」「いつも同じ理由でフラれる」といった、「なぜかいつも長続きしない」という声もよく耳にします。
果たして、長続きする人とそうでない人その分
「私は大丈夫かな?」とちょっぴり心配になったあなた。今回はSNSの「間接自慢」と思われてしまう代表的な例と、嫌われないための注意点をご紹介しますのでぜひご参考に! 
合コンや飲み会で「好きなタイプは?」と並んでよく聞かれがちなのが「好きな食べ物」。上手な模範解答で、ぬかりなく好感度を上げちゃいましょう!