胃もたれする前に知っておきたい対策3選


思い切りらーめんが食べたい!胃もたれする前に知っておきたい対策3選

らーめんを食べたあと、胃もたれしてしまった経験はありませんか? せっかくなら、美味しいらーめんを食べた後の胃もたれには悩みたくないですよね。
そこで今回は、らーめんを食べる前に知っておきたい胃もたれ対策をご紹介します。

 

■そもそもなぜ胃もたれするの?

胃もたれの原因は飲み過ぎや食べ過ぎによって、普段の食生活以上の負担が胃にかかることで起こります。
胃に負担がかかると、胃の中にいつまでも食べ物が残り、消化しきれなかったり消化に時間がかかったりするため、胃の働きが低下するため胃がもたれてしまうのです。

 

■事前に知ってきたい胃もたれ対策3選

(1) 牛乳を飲む
牛乳は、胃粘膜の保護になる飲み物と言われています。
そのため、らーめんを食べる前に飲むことにより、胃が消化の準備活動を始めるきっかけになるそうです。
(2)ハーブティーを飲む
西洋では、古くから医療でも用いられてきたハーブには、消化器の働きをサポートする役目があります。
食事と一緒にハーブティーを飲むとなお良いと言われますが、らーめん店でハーブティーを飲むのは難しいですよね。そこで、事前に飲んでおくのも方法です。
(3)夜遅くには食べない
胃の中の食べ物が消化されるには、一般的に3時間が必要と言われています。
しかし夜遅くにらーめんを食べると満腹感による眠気も相まって、寝るまで3時間空けるというのは難しい時もあるかもしれません。
睡眠中は、胃の活動が低下するため胃もたれになる可能性が高くなり、胃もたれを招きやすい環境に。
らーめんを食べる際は、時間帯も意識しましょう。

 

■それでも胃もたれしてしまった場合は?

気をつけていても胃もたれしてしまった時の、胃の復活をサポートしてくれる方法をご紹介します。
(1)胃に優しい食べ物を選ぶ
なるべく胃に負担がかからない食べ物を選ぶよう、心がけましょう。
意識したいのは“栄養があり消化の早い食べ物”です。調理をする際には、具材を細かく刻んだり香辛料などは控えたり、生のままではなく茹でる・煮る・蒸すなどの加熱調理をすることで胃の負担を減らせます。
(2) コーヒーを飲む
コーヒーに含まれているカフェインは胃液の分泌を促し、消化器の働きを促進させて消化を助けてくれる効果や、脂肪の代謝を活発にする働きがあると言われています。
しかし、カフェインを摂りすぎてしまうと胃酸が分泌しすぎますので、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

 

らーめんを食べる前に対策を知っておくと、胃もたれの心配せずに食べられそうですよね。

 

関連記事

HEALTHY

おうち時間が増え、普段よりも食事を作る機会が増えたご家庭も多いかと思います。毎日のことだけに、献立に悩むこともありますよね。そんな時に手軽に作れて美味しいらーめんは大活躍!
「外食には行けなくても、お店のようならーめんが食べたい…」と思っているかたいん試してほしい、家で作るらーめんをお店風にするコツ
思い立ったときに、手軽に自宅で、らーめんを楽しめるインスタント麺。その中でも、カップ麺はお湯を注ぐだけで食べられるので、よく利用する方も多いのではないでしょうか? 定番の味以外にも、続々と新商品が出るので、飽きずに楽しめますよね。
そんな身近なカップ麺ですが、みなさんはどんな基準で選んでいますか?
さまざまなフレーバーがある「らーめん」。麺の固さやスープの濃さなどを自在に選べるのも、食べるときの楽しみですよね。それぞれの人にこだわりもあり、好みもわかれるかと思います。
ところで今回は、麺やスープの人気傾向に注目。全国20歳~59歳の男女1000人を対象とした「マルハニチロ調べ」を元に、どんな組