一手間で味も栄養もUP! インスタントらーめん夏向けアレンジレシピ3選


一手間で味も栄養もUP! インスタントらーめん夏向けアレンジレシピ3選

「きょうは家から一歩も出たくない!」「ささっとご飯を済ませたい」。そんな時の強力な味方、インスタントらーめん。どうしてもらーめんな気分だけれど、営業時間外の時なんかにも、家にストックしておくと便利ですよね。

最近は本格的な味を楽しめる商品も多いものの、そのまま食べるだけでは栄養素や風味が物足りない…と感じている人も少なくないはず。卵やネギ、余っている野菜をいれたり、スープにラードを追加してみたり、と工夫をしている方も多いのでは?

今回はそんなインスタントらーめん好きさんに贈る、これからの季節にもぴったりなおすすめアレンジ法を伝授。1人暮らし歴の長い筆者が実際に試して“これはイケる!”と思ったものを厳選。プラス一手間で「暑くても箸が進む」&「いつもの味」に変化球をつけられるレシピをご紹介します。

※写真はすべてイメージです

【醤油らーめん編】プラス「ごま油」で油そば風に

レシピサイトやSNSなどでも人気の油そばを醤油味のインスタントらーめんで再現。
汁なしなのでさっぱり食べられて、これからの時期にぴったり❤︎

【材料(1人分)】
・インスタントらーめん(醤油味)…1袋
・付属の液体スープ…1/2
・付属の粉末スープ…1/2
・ごま油…大さじ1
・おろしニンニクまたはおろしショウガ(チューブ)…小さじ1/3程度
・卵…1個
・白ごま…ひとつまみ
・野菜…ネギやモヤシなどお好みで

【作り方】
(1) 液体スープ、粉末スープ、ごま油、おろしニンニクorショウガをボウルに入れてよく混ぜる
(2) 麺を固めに茹でてよく湯切りする
(3) (1)と(2)をよく混ぜ合わせる
(4) 野菜をトッピングする
(5) 卵を温玉、目玉焼きなど好みに調理し(4)の上に乗せる
(6) 白ごまをふりかける

【塩らーめん編】夏といえばコレ!“冷やし中華”風

塩らーめんのさっぱり感を活かして、さらにさっぱりいただくアレンジ。
コスパ抜群でしかもお手軽♪ シャキシャキ野菜をたっぷりいれて暑い夏を乗り切りましょう!

【材料(1人分)】
・インスタントらーめん(塩味)…1袋
・付属の液体スープ…2/3
・付属の粉末スープ2/3
・酢…大さじ1〜3(お好みで調節)
・水…1/2カップ
・鶏ささみorハム…お好み
・錦糸卵…お好み
・野菜…キュウリ、レタス、トマト、プチトマト、レタスなどお好みで
・紅ショウガ…お好み

【作り方】
(1) 付属のスープの素、酢、水をボウルに入れよく混ぜ合わせる
(2) 麺は少し長めに茹で、冷水で締める
(3) 麺を器に盛り、鶏ささみや錦糸卵、野菜を乗せる
(4) (1)を上からかけ、お好みで紅ショウガを散らす

【味噌らーめん編】夏にこそ無性に食べたくなる!“担々麺”風

夏になると、吹き出す汗と格闘しつつ食べたくなるのが“辛いもの”。
味噌らーめんの風味を生かしたピリ辛濃厚担々麺は暑気払いにぴったり!

【材料(1人分)】
・インスタントらーめん(味噌味)…1袋
・付属の液体スープ…1袋
・付属の粉末スープ…1袋
・ひき肉…50g
・ごま油…大さじ1/2
・牛乳…1カップ(または1/2カップ+水1/2カップ)
・豆板醤…小さじ1
・ラー油…適量
・野菜…白髪ネギ、チンゲンサイなどお好みで

【作り方】
(1) 付属のスープの素、ごま油、牛乳、豆板醤をボウルに入れよく混ぜ、火にかける
(2) 麺を茹で、よく湯切りする
(3) ひき肉、野菜を炒める
(4) 麺と(3)を器に盛り付け、(1)のスープをかける
(5) お好みでラー油をかけ味を整える

 
いかがでしたか? 今回は夏に向けたお手軽レシピに絞ってご紹介しましたが、イタリアンやアジアン風のアレンジなど、巷にはまだまだたくさんのレシピが存在します。インスタントらーめんのアレンジレシピは数も可能性も無限大❤ ぜひ色々試してお気に入りを見つけてくださいね!

関連記事

HEALTHY

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!