カロリーの低いらーめんのメニューはどれ!?


ダイエット中の人必見!醤油、味噌、塩etc…カロリーの低いらーめんのメニューはどれ!?

いよいよ夏本番!

薄着になる機会も増え、旅行やお出かけで水着になる予定もあったり…、とダイエットを決意している人も少なくないはず。

そんなダイエット中の人が気になるものといえば、カロリー表記。
外食時や食品購入時にはカロリー表記を細かくチェックせずにはいられない!という方も多いのでは?

ダイエット中は、可能な限り高カロリーな食事は避けたいもの。
とはいえ、ダイエット中でも時々無性に食べたくなるものってありますよね。

その代表格が「らーめん」! 暑い時季だからこそ、たっぷり汗をかきながらすする1杯は格別。のどごしが良くてスタミナも付くし、夏バテ気味の時にも恋しくなったりしますよね。

そんな季節を問わずにみんなが大好きならーめんですが、なんとなく高カロリーなイメージがあって、ダイエット中の時はなんとなく我慢しがち。でもダイエットにはストレスも大敵なんです。我慢のしすぎはストレスを溜めてしまい、かえって不健康な体になってしまうことも。

それに、らーめんと一口にいえど、醤油、味噌、塩、とんこつなど様々なメニューがあります。その中から比較的カロリーの低いメニューを選べば安心して食事を楽しむことができるはず。

そこで今回は、ダイエット中の人必見!
らーめん屋さんの定番の味、「醤油」「味噌」「塩」などの内、比較的カロリーが低いメニューや、ダイエット中の人におすすめの食べ方などをご紹介します。

ダイエット中でも、時には外食に出かけたり、好きなものを食べたりして、心の健康も維持しながら、バランスの良いダイエットに挑戦しましょう♪

 

「塩=0Kcal」!調味料別では塩がダントツ低カロリー

まずはらーめんの代表的なメニューの味の元となる、醤油、味噌、塩、それぞれの調味料の大まかなカロリーをみていきましょう。料理をする時の参考にもなりますよ♪

※いずれも100グラムあたり
濃口醤油…約70kcal
薄口醤油…約50Kcal

白味噌…約190Kcal
赤味噌…約180Kcal

食塩…0Kcal
精製塩…0Kcal

そう!なんと塩自体のカロリーはゼロ。驚いた人も多いのでは?
そもそもカロリーとは、食べ物などが完全に燃焼した(酸化した)時の熱エネルギーのこと。塩は酸化しないので、カロリーはゼロということになります。

ということで、調味料そのものだけでをみると、塩がダントツの低カロリー食ということになります。

それでは麺や具材などを合わせた、らーめんそのもののカロリーはというと…??

 

らーめん別でも「塩」の圧勝!ヘルシーメニューにも注目

気になるらーめん全体のカロリー。
ここでは幸楽苑の栄養成分表を参考に、代表的ならーめんのカロリー表記をみていきましょう。

中華そば…701Kcal
味噌らーめん…862Kcal
塩らーめん…692Kcal

と表記されています。
やっぱりここでも「塩」が強い!
塩らーめんが最も低カロリーだということがわかります。

ちなみに、ダイエット中だけど「中華そばの味を楽しみたい!」という人には、「減塩中華そば」がおすすめ。689Kcalととってもヘルシーで健康意識の高い人にも安心して食べられるメニューです。

またショッピングセンター内のフードコート店舗「幸楽苑エクセレント」(千葉県・神奈川県などで展開)を利用する機会のある人なら、「ゆず塩野菜らーめん」もぜひお試しを。
「ゆず塩野菜らーめん」は、幸楽苑が提供するらーめんの中で最も低カロリーなメニュー。なんと620Kcalと超ヘルシーなんです♪

ところで、ついついカロリー表記にばかり意識が向きがちですが、ダイエット中の人が気をつけるべきなのは、カロリー表記の数字だけで良いのでしょうか…??

 

食べ方や食べ合わせを工夫して、さらにヘルシーに!

実は、外食時によく登場する他のメニューと比較しても、らーめんは突出してカロリーが高いわけではありません。

以前の記事でもご紹介したように、らーめんに含まれる塩分でむくみやすくなってしまうことや、ついつい早食いになってしまいがちなことなどが原因で「らーめん=太る」と思い込んでいることが多いのです。
(過去記事リンク)「らーめん=太る」は間違い!? 太るワケは「食べ方」にあった!
(過去記事リンク)ダイエット中でも安心!? 食べ過ぎを“帳消し”にしてくれる食べ合わせ3選

むくみ予防には、スープを飲みすぎないようにしたり、果物や野菜を多めに摂るなど、食べ方や食べ合わせの工夫も大切。また、満腹感を得るにはゆっくり噛んで味わうなどの心がけも重要です。

いつもスープを飲み干してしまう人や、野菜が不足しがちな人、早食い気味な人は、らーめんを味わう際にはぜひ気をつけてみてください。
いかがでしたか?
ダイエット中でも、メニュー選びや少しの工夫でらーめんを楽しむ方法はたくさんあります! ダイエットもらーめんも、どちらも諦めることなく、楽しい夏をお過ごしくださいね♪

 

関連記事

HEALTHY

期間限定メニュー「かつや監修 ソースカツ丼」、「ローストビーフ入り 牛骨らーめん」、「野菜担々麺 マイルド系」「野菜担々麺 スパイシー系」を発売しました。
幸楽苑の「冷凍生餃子」に一手間加えて、いつもの食卓をちょっぴり豪華に。みんなのアイディアを大公開!
らーめんを食べたあと、胃もたれしてしまった経験はありませんか? せっかくなら、美味しいらーめんを食べた後の胃もたれには悩みたくないですよね。
らーめんを食べている時に、不意に鼻水が出てしまった経験はありませんか?食事に集中したいのに、気になってしまいますよね。今回はらーめんを食べていると鼻水が出てしまう原因と、出にくくなる対策をご紹介します。
 
■なぜ鼻水が出てしまうの?らーめんを食べている時に出る鼻水は、体の防御反応だと言われています