コンビニ&スーパーのアイテムでお悩み解決! 口臭&ニンニク臭の撃退法


コンビニ&スーパーのアイテムでお悩み解決! 口臭&ニンニク臭の撃退法

「パワーチャージに今日はニンニクたっぷりのらーめんや餃子を食べたい!」という気分の日に限って、その後に大切な商談やデートの約束が! 心もお腹も満たされることはわかってはいるけれど、やっぱり気になるのは口臭&体臭。歯磨きやガムを噛んでもなかなか消えない、自分でもわかるあの独特の臭い!

翌日にも残りがちなあの臭いに、食べたいメニューを我慢している人も多いのでは?
今回は、そんな臭いの予防に役立つ意外なアイテムをご紹介。コンビニやスーパーで気軽に手に入るものばかりなので、すぐにお試しできますよ❤

1.食事前には牛乳or緑茶!ドリンクで口臭予防

まずは1番お手軽、必ずコンビニに置いてあるドリンク類で口臭を事前に予防。

牛乳は、ニンニク由来の香気成分で臭いの元ともなる「アリシン」をブロックして消化してくれるたんぱく質や脂質が豊富。

緑茶は、ご存知の人も多い「カテキン」の強い殺菌・消臭効果でニンニクの臭いを抑えてくれます。茶葉からいれたお茶の方がカテキンの含有量が豊富ですが、ペットボトル飲料でもOK。最近ではペットボトルのラベルにカテキンの含有量を記載している商品も多いので注目してみて。

また、意外なドリンクとしてコーヒーもおすすめ。コーヒーに含まれる「タンニン」にも消臭効果があり、ポリフェノールがアリシンを分解、吸収してニンニク臭を抑えてくれるんです!
ちなみにウーロン茶もポリフェノールが豊富な飲み物。コンビニで手に入るドリンクには口臭予防&撃退アイテムが盛りだくさんなんです!

2.食事後の超意外なお助けアイテム“チョコ”

食事後にはガムやブレスケアタブレットなどを口に入れる人も多いと思いますが、意外なお助けアイテムとなってくれるのがチョコレートなんです! 食後の甘いものが欠かせない人は、迷わずチョコレートを選んでください!

チョコレートに含まれているポリフェノールには、高い抗酸化作用があるため、口臭と体臭を撃退してくれる効果が期待できます。

チョコレートはデスクの引き出しの中にストックしている人も多いと思いますが、らーめんや餃子を食べる予定なら、ぜひお出かけ前にバッグに入れておくのがおすすめです。

3.これで完璧!家に帰ったら、リンゴを食べよう!

食前や食後にしっかりケアしても、なんとなく自分の臭いがまだ気になる…。このいやーな感じを翌日に持ち越したくない! そんな時はスーパーでリンゴを買って帰りましょ❤

リンゴもまたポリフェノールとカテキンが豊富な果物。リンゴに含まれるポリフェノール「アップルフェノン」とも呼ばれる成分とカテキンが、食後にも続くニンニクの臭いを和らげてくれます。果実そのものはもちろん、皮に多く含まれている成分なので、皮ごと丸かじりがおすすめ。
出先なら100%果汁のリンゴジュースでお試しするのも良いですね。

家の中にあるものを使って、お家でできる臭いケアは他にも色々。加熱したごま油やオリーブオイルなどで口をすすぐといった方法もトレンドですね。オイルうがいは、口の中の潤いを保つことができ、汚れや臭いの元を口の中にとどめておくのを防いでくれます。

また、半身浴もおすすめ。体の中に取り込まれたニンニクの成分は血液を通して体中に流れているため、毛穴からもニンニク臭を放っている可能性が。たっぷり汗をかいて臭いの元を体から出してしまいましょう。

いかがでしたか? 今回ご紹介したアイテムはどれでも、コンビニやスーパーで簡単に手に入るものばかり。ぜひ気軽に試して、臭いを気にせず楽しい食事のひとときを!

関連記事

HEALTHY

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!