「らーめん=太る」は間違い!? 太るワケは「食べ方」


「らーめん=太る」は間違い!? 太るワケは「食べ方」にあった!

「こんな夜中にらーめん食べたら太っちゃう!」「ダイエット中だから、らーめん禁止!」。

多くの人が、当たり前のように“らーめん=太る”という認識を持っているようです。でも、らーめんが肥満の原因になる理由は?と聞かれたら、答えに詰まってしまう人も多いのではないでしょうか。らーめんは本当にデブのもとなのか…!? じっくり検証してみましょう。

らーめんのカロリーは、実はそれほど高くない!

たとえば幸楽苑のらーめんのカロリーをチェックしてみると…

減塩中華そば…692kcal(東地区限定)
塩らーめん… 698kcal
味噌らーめん…867kcal
醤油とんこつらーめん…787kcal(西地区限定)

このカロリーが、果たしてどれほど高いのか? ほかのメニューの平均的なカロリーと比較してみましょう。たとえば、ハンバーグ定食なら約900kcal、カルボナーラは約750kcal、カレーライスは約850kcal、ミックスフライ定食は約1000kcal。ランチによく登場しそうなメニューと比べてみても、らーめんが突出して高カロリーなわけではないんです!

水分代謝を上げる食べ合わせですっきり

らーめんのカロリーは、ほかの外食メニューと比べても決して高いわけではありません。でも、多くの人が「らーめんって太る気がする」となんとなく感じている…。その理由は、スープに含まれる塩分によって、むくみやすくなってしまうことも一因かもしれません。

しょっぱいものを食べた過ぎた時、体は過剰に摂取した塩分を薄めようと水分を貯めこむ「水太り」という状態になります。増えた体重の正体は水分なので、しばらくすると多くの場合体重は元に戻ります。ただし、代謝が悪くなっていると余分な水分を排出できず、むくみが慢性化してしまうことも。

むくみの解消に効果的なのは、余分な塩分を排出する働きを持つカリウムを一緒にとること。カリウムは、わかめ、のり、アボカド、トマト、キュウリのほか、バナナを筆頭に、ぶどう、オレンジ、梨、イチゴなどのフルーツにも多く含まれています。

おすすめは、らーめんのトッピングにわかめやのりをプラスする、食後のデザートにバナナを食べる、といった食べ合わせ。賢くおいしく水太りを予防しましょう!

“ベジファースト”で血糖値をコントロール

「野菜から先に食べると、血糖値の急上昇を抑えられる」という食べ順のコツは、女性にとってはきっともうおなじみですね。血糖値が急上昇すると、脂肪を蓄える働きがあるインスリンが大量に分泌。食物繊維が豊富な野菜から食べることで、血糖値の上昇がゆるやかになるといわれています。

これはもちろんらーめんにも応用可能! この順番を意識するだけで、罪悪感なくらーめんを楽しむことができちゃいます。セットやサイドメニューなどでサラダがオーダー可能なら食前にサラダを。野菜たっぷりのらーめんを選び、具材から先にお腹にいれるようにするのも良いですね。

早食いこそ太るモト! よく噛んで味わって

のどごしのいいらーめんは、早食いになりやすい点にも注意が必要。早食いは満腹感を得にくく、サイドメニューやスイーツに目がいきがち。また、早食いは一気に血糖値の急上昇、急降下を引き起こすために、食後しばらくすると「お腹が空いた!」と体が勘違いしやすくなってしまうのです。

おいしいらーめんは、焦らずあわてず、よく噛んで味わうこと。せっかくのらーめんを十分に堪能することが、太りにくい食べ方にもつながります。
いかがでしたか? 正しい知識を味方につければ、らーめんは決してダイエットの敵ではありません! “らーめん食べたい欲”を我慢せず、おいしく・賢く・スマートに楽しんじゃいましょ♪

 
(参考文献)
・農林水産省“食事バランスガイド早分かり:農林水産省”
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/
・全国健康保険協会“4月 足元スッキリ、むくみ対策! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会”
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h27/270401

関連記事

HEALTHY

夏のベタつきから解放されたと思ったら、あっという間に冬の乾燥で悩む時期へ。肌トラブルは、女の子にとって1年中悩ましいものですよね。
季節は実りの秋ではありますが、美肌のために脂っこいものや甘いものを控えるなど、普段の食事に気を使っている人も多いのではないでしょうか。
でも、食欲の増すこの時期から、もう少し先の冬にかけては…そう!らーめんがいっそう美味しく感じる季節。「らーめんも肌に悪そう」と、これまた控えている方もいるのではないかと思いますが、その中には「できれば我慢なんてしたくなんてない!」という人がたくさんいるはず。
「仕事で帰りが遅くなった!」「今日は体調がイマイチ…」。そんな時でも、世の多くのママは24時間フル稼働。「ママお腹空いた〜」のリクエストにきちんと応えてあげたいし、「ママの作るご飯が一番おいしい!」とお子さんが喜ぶ顔だって見たい!
「最近、疲れやすい気がする」「これといって理由が思いつかないのに肌荒れする」。そんな「なんとなくの不調」が続いている時は、体に溜まった毒素が原因になっているかもしれません。「毒素」というと、なんとも恐ろしい響きですが、ここでいう毒素とは食品添加物や大気汚染物質などの有害物質をはじめ、過剰に摂取した脂質などのこと。
札幌の「味噌」、旭川の「醤油」、函館の「塩」、そして第4のらーめんとして注目を集めている苫小牧発の「味噌カレーらーめん」!